クラリス(海外ドラマ)シーズン1あらすじ・レクターは出る?※ネタバレ注意

大人気映画のジョディ―フォスター演じる「羊たちの沈黙」の続編ストーリーが海外ドラマになって2022年1月より日本でも放送されました。

今回は海外ドラマ「クラリス」のあらすじ紹介と、キャスト情報(画像付き)を海外サイトを調べて紹介いたしますね。

当初はWOWOWだけの放送だったけど、今は月額933円で全動画見放題のHuluでも見られるので、気軽に見たい方にはHuluがおすすめです。

Hulu<フールー>

クラリス(海外ドラマ)あらすじ※ネタバレ注意


この記事はドラマを見ていない方に、ドラマを見ていただきたいなと思い書いているので、ネタバレしすぎないよう調整しております。

1話:沈黙の終わり

人の生皮をはぐ、バッファロー・ビル事件から1年…(羊たちの沈黙)。犯人を捕まえて最後の被害者を救ったクラリス・スターリングは、FBIの訓練生を卒業して、事件の傷から立ち上がれずにカウンセリングを繰り返していました。

バッファロー・ビル事件の最後の被害者だったキャサリンの母である上院議員の力によって、クラリスはVICAP(バイキャップ)の特別捜査官に任命されます。

訓練生で大手柄をあげ、マスコミにも名前が知れ渡り、大出世をしたクラリスを、周囲の捜査官たちはよく思いません。

最初の事件で川や排水路で見つかった遺体を検分に行くと、刺し傷や噛み傷がついた惨い遺体を目にします。

鋭い洞察力でプロファイリングするクラリスだが、上司も同僚も塩対応。被害者の遺族を訪ねて回ると、被害者の女性たちは片頭痛の治療をしていて、治験に参加していました。そしてその子どもたちは障害を持って生まれた子ばかり。

犯人は治験により胎児に影響が出たことを隠したい人物の誰か?

蓮 驚き

今回はクラリスは一人でいかずに、相棒と一緒に犯人の元へ行ったからホッとしました…。また一人でスタンドプレーするのではないかとヒヤヒヤしますね。

バッファロー・ビル事件で最後の被害者だったキャサリンは、未だにショックから立ち直れずに部屋に引きこもってクラリスとの対話を求めます。キャサリンもクラリスもまだ、眠れずに蛾の夢にうなされ続けているのでした…。

2話:望郷

羊たちの沈黙のトレーニングウェアを着てクラリスが筋トレしています(笑)

今回の事件はクラリスの故郷の地域で発生しました。薬物の厚生施設に立ち入った捜査官が、建物の中から何者かに撃たれた事件の捜査に加わります。

頭もいいし行動力もあるクラリスだが、チームからは相変わらず嫌われ者。ボスからは露骨に煙たがられます。

薬物施設を取り囲むFBIだが、中にいる主催の男は「クラリスのみ入っていい」と条件を出してきます。クラリスは建物に潜入しますが、そこに来た地元警察がFBIを排除します。

実は建物の中から捜査官を討ったのは小さな子ども。薬物依存で厚生施設にいる母やその友人を心配して、警察に助けに来てほしい一心で銃を撃ったのでした。地元警察の犯行を暴くために、クラリスはまた一人で建物に潜入するのでした…危ないってw

でも今度はクラリスには元狙撃兵の心強い味方が付いていました!

3話:殺人者との対峙

バッファロー・ビル事件以来続けているカウンセリングだけど、カウンセラーに話した内容が上司に筒抜け…。信頼できないクラリスです。

バッファロー・ビル事件で最後の犠牲者となり生還したキャサリンの母は、あの事件をきっかけに力を増して上院議員になりました。それを見る娘のキャサリンは複雑そう…そりゃそーだ。

1話でつかまった犯人は下っ端で、真犯人は別にいて、連続殺人は続いていると踏んでいるFBIは捜査を続けています。キャサリンの相棒のエスキベルも、捕まった下っ端のウェリグから糸口をつかもうと尋問を頑張ります。けど、ウェリグに真相をはかせるとこまで持っていったのはやっぱりクラリス。

あともうちょっとで真相を暴けるという所で、ウェリグは差し入れられたビールを飲んで死亡…。真相は更に深まります。

4話:光と影

またクラリスがあのトレーニングウェアでマラソンしてるところからスタート♪

3話で死なせてしまった実行犯のウェリグの死の責任を追及されるVICAPの面々。調査員の狙いは、VICAPのボスのクレンドラーです。最初はクラリスに冷たくて嫌な奴と思ったけど、割と冷静で公平な指揮官かもしれない。責任をとって辞職に追い込まれそうになり、組織のめんどうくさい感じが描き出されます。

クラリスの学生時代の親友・アーデリアはアフリカ系アメリカ人のため、職場でも人種差別にあっていました。自分よりも劣る白人のクラリスが現場で活躍しているのに、一番優秀な自分はいつまでも倉庫で資料整理…「黒人同盟」に加わるか迷います。

被害者で生還したレベッカ・シャーマンを助けるために、彼女のオフィスを助けるクラリス。生還者たちの担当医だったマリリンという医者を探します。マリリンの双子の妹(看護師)が務めている脳死状態の患者専用のホスピタルに行くと、そこでマリリンの妹・ルアンヌに襲われます。

5話:恐怖の一夜

クラリスは変な薬を注射され、歩けない状態でベッドで点滴に繋がれます。(今回はジャージを着てトレーニングシーンがない(゚Д゚;)

クラリスを襲ったのは、本物のマリリンで、妹のルアンヌは隣のベッドでこん睡状態。父親やバッファロー・ビル事件の時の妄想に悩まされます。

VICAPのボスのクレンドラーは離婚する妻と話し合い。このくだり、いるかな?w他のメンバーはクラリスを必死で探します。

クラリスはベッドに寝かされたまま、マリリンに拷問を受けます。が、クラリスらしい心理分析でズバズバとマリリンの心の弱点を突かれて、マリリンはイライライライラ(笑)

マリリンのイライラのスキをついて一度は逃げ出すも、怪しい男に見つかって連れ戻されます。

その後もう一度イライラさせて(笑)逃げ出します。VICAPのメンバーも助けに来てくれ、無事に救出されました。

6話:記憶の欠片

無事に助け出されたクラリスだが、捕まっていた時に見た男の顔を思い出せずに苦悩します。

休暇をもらって休んでいる間にバッファロー・ビル事件の被害キャサリンの家に食事に招待されます。上院議員のママは娘を心配して、なんとかキャサリンを立ち直らせるためにクラリスを呼んだのでした。

でも食事会はくらーーーーい雰囲気で空気は激重…。一流料理を食べずにヨーグルトだけ食べるキャサリンに、クラリスも母もドン引き。飯がうまくなさそう…。

ママ「あの事件さえなければ…」

キャサリン「あの事件がなければ、ママは今もただの上院議員のままよ」(あの事件を利用して出世しまくったくせに!)

凍り付いた空気…。こりゃ、ママはきついな…。

キャサリンは気が狂ったようになり、バッファロー・ビル事件のビルの母親に会いに行くと言い張ります。止めるクラリス。

キャサリンは「あなたはあの事件の時に泣いていた。ビルの最後の言葉は【そんなに美しいと、どんな気分だ?】」とクラリスにいい、クラリスは自分の失くした記憶に戸惑います。クラリスもあの事件で重大なトラウマを追っているということが浮き彫りになりました。

そして自分の心の問題を解決するために、チャイナタウンの新しいカウンセラーの元へと行きます。

クラリスのチームのボスのクレンドラーは、アル中の妻と離婚して親権をとるために弁護士を雇いますが、その弁護士がなんかいわくつきな感じです。

7話:ねじれた真実

クラリスがチームに復帰。ボスのクランドリーの机の上にある、弁護士の写真をみて「この人がマリリンのところにいた謎の男性よ!」と言います。え?離婚弁護士が容疑者?

新たな事件の捜査に出向きます。殺されたのは10代の少年たち。アーデリアは自分の地元で起きた事件の捜査に加わりたいと申し出ます。現場での黒人差別は相変わらずだけど、有能なアーデリアは食い下がります。

被害者の黒人の少年の家族に事情を聴きに行くと「こんな風に来てくれたのはあなただけ」と母親は泣きだします。白人の被害者は捜査され、同じ事件の黒人の被害者は放置…本当に人種差別がひどい時代だったんですね。

クラリスは親友のアーデリアにどこまでも寄り添います。家族のいないクラリスにとって、同居人のアーデリアは姉妹同然。すごくなかよしです。

殺された少年たちの遺体の爪に残されたDNAをたどってある家に行くと、そこには老婆とその息子がおり…すみません、結末は酷すぎて書けません。息子がなぜ少年たちを殺したのか、あまりにも惨い理由がありました。

8話:生きた証し


新しい中国人のカウンセラーと良い感じのクラリス。過去の記憶も徐々によみがえります。クラリスは大好きな父親から離れて、家族と離れてなぜ親戚の家で暮らしていたのか…幼い頃のことに思いを寄せます。

アーデリアは相変わらず黒人差別を受けており、優秀ゆえに苦悩します。

クレンドラーはクラリスの証言を元に弁護士ハドウィンのDNAを調べ、彼がクラリスを襲った犯人だと突き止めます。

カロリーナというユーゴスラビアからの留学生が遺体で見つかった事件の捜査に加わります。死んだカロリーナの知り合いで、留学生受け入れのNPO法人のスタッフのタイソンに事情聴取をします。

怪しいところのないタイソンだが、クラリスは何かに引っ掛かり、タイソンに接近します。カロリーナが死んだときに結婚指輪を外していたことが引っ掛かります。調べを進めると、死んだカロリーナは妊娠していたことが明らかになります。

9話:沈黙の代償

移民の留学生・医大生をサポートするNPO法人のスタッフのタイソンの父親は、実は大物製薬会社の社長でした。会いに行き事情聴取を続けるクラリス。

タイソンは母子家庭で父を知らずに育ち、14歳で母を亡くした後、急に現れた富豪の父と暮らすことになったが、父のことはほとんど知らなかった。クラリスは巧みにタイソンの心をつかんで、彼を味方につけようとします。

今まで被害にあった女性たちに共通する特徴として「子どもに障害がある」「胎児にも異常がある」という薬の影響が考えられ、タイソンの父の製薬会社の薬が疑わしくなってきました。殺された女性たちは、薬の問題点を告発しようとしていたのでした。

職場での黒人差別の問題点を挙げて訴訟を起こそうとするアーデリアは「FBIの顔であり有名なクラリスが白人だから不当に出世していること」を訴状に入れるよう勧められ、迷います。迷った末、結局クラリスをやり玉に挙げて訴えを起こすのだけどね…。クラリスは親友が自分を「白人」として訴えることを知っても、親友を責めません。

バッファロー・ビル事件の被害者キャサリンは、元彼に会うために一歩踏み出します。けど別れ話をされて切れまくり…。

10話:母親

怪しい製薬会社の連続女性殺害事件との関与を証明するために、製薬会社に勤めている経理のジュリア(性転換手術を受けた女性)を仲間に引き込みます。ジュリアは胎児が障害を持って生まれてくる事件に心を痛め、危険を冒して捜査の協力をしてくれるのでした。

蓮

1993年時代に性転換手術を受けたとしたらかなりつらい差別の中を生きているってことですよね。

元彼に振られたキャサリンは切れて、自分をトラウマで苦しめるバッファロー・ビル事件のビルの実母に会いに行きます。ビルの実母はルーレットのギャンブル場にいました。

キャサリンの不在に気づいた上院議員の母は半狂乱。クラリスに「一人でキャサリンを迎えにいって!」と命令します。

蓮 驚き

またクラリスにスタンドプレーをさせるなんて…。

クラリスはキャサリンのために、バッファロー・ビル事件の犯人の母の元へと行きます。クレンドラーはクラリスを一人で生かせたことで上院議員に詰め寄ります。

シングルマザーとしてビルを育てていた実母は、ある日ネグレクトで逮捕され、2歳以来ビルにあっておらず、バッファロー・ビル事件の時も何も知りませんでした。わかったのは、ビルが生まれた時から手が付けられない子どもだったということ。

クラリスはキャサリンに銃をむけ、殺意を押さえるよう説得します…。

上院議員の母親は事件をもみ消してキャサリンを保護しようとしますが、クラリスは独断で地元警察に連絡し、事件を公にしてキャサリンを自宅から出します。キャサリンはサバイバー施設で適切な処置を受けることになりました。

その方がいい…下手に裕福だからって実家で引きこもるよりも、施設でケアした方がいいです。絶対に。

11話:全能の神

1話から追い続けている連続女性殺人事件の捜査もクライマックスに差し掛かります。最初からクラリスが言ったとおりだった。クレンドラーはクラリスの捜査能力を信じ始めます。いつの間にか捜査はクラリス中心に回ってる…。犯罪心理学スゴイです。

アラストル製薬という会社の社長・ハーゲンと、顧問弁護士のハドリンが怪しい…。新薬の副作用を隠しており、それを告発しようとしている女性たちが次々と殺されているのです。

クラリスはハーゲンの息子のタイソンに接近します。製薬会社の社長のハーゲンは、クラリスを名指しで面会を許可します。息子のタイソンに近づくクラリスを警戒するハーゲン。更にハーゲンは上院議員にも電話してFBIに手を引かせるよう圧力をかけます。

蓮

つーか、夜中まで仕事して、上院議員も頑張ってるよね。

アラストル製薬の経理のジュリアは、危険を冒して証拠集めを頑張ってくれました。ハーゲンの側に、実行犯のウェルグに毒を持った人物がいる(3話)ことに気が付いたクラリスは、危ういところでジュリアを救います。証拠もばっちり確保!

12話:欲望のカンバス

カウンセラーとの対話で過去をどんどん思い出すクラリス。優しいと思っていた父親はどうやら汚職警官だった?

アラストル製薬の社長室に飾られていた絵。ギリシャ神話のクロノスは、父親を倒したゆえに自分も倒されることを恐れ、自らの子どもを飲み込んだ。たった一人残された息子・アラストルだけ母に助けられて助かった。そんな逸話の絵でした。絵を調べると顔料にニルス・ハーゲン自身の血液と、ハーゲンの子ども(胎児)の組織が使われていました…。ひえ…。

アラストル製薬の顧問弁護士ハドリンが、自殺に見せかけて殺されます。ハドリンは殺し屋から追い詰められ、クレンドラーに電話して「俺は性的搾取には関わっていない」と意味深な告白をして殺されます。彼も利用されていたにすぎませんでした。

彼の事件現場では、VICAPと凶悪犯罪課がブッキング。現場でもめた結果、女であることをからかわれたクラリスは捜査官の一人を殴ります。白人は同僚を殴っても昇進には響かない。追い詰められたクラリスは辞職を申し出ます。クラリスが苦しいのは職場でのセクハラではなく、頭の中にある父親の記憶でした。

クラリスの父親は娘を利用してお金を稼ごうとするチキン的な人だった?父を愛するクラリスは、思い出したくない様子でした。

VICAPの捜査で、ハーゲンの息子のタイソンは、紛争地域から頭のいい女性ばかりを選んで父親に斡旋していることが浮き彫りになりました。若い女性たちを妊娠させている?

13話:それぞれの選択

思いつめてクラリスに会いに来たタイソンは、苦しそうに罪を告白してクラリスを捕縛します。クラリスが連れていかれた先には、強制妊娠させられている女性たちの収容所…。

羊たちの檻から逃げるためには、一斉に逃げるしかない。誰かが捕まり誰かが逃げ切れる。自分がチャンスを作るから逃げるよう、クラリスは捕まっている女性たちに伝えます。(羊たちの沈黙、ここで回収かな?)

ハーゲンは精子に遺伝子異常があり子どもができにくい(ほぼできない)体質でありながら、次々と女性を妊娠させて子どもを作ろうと頑張るモンスター。奇跡的に生まれてきたタイソンは、父の呪縛から解き放たれずに苦しみ、クラリスを助けようとします。クラリスは、実にクラリスらしいやり方でタイソンを必死で説得します。人の心を揺さぶる、クラリスらしい必見の価値のある最高のシーンでした。

クラリスの父の形見のネックレスが部屋に落ちているのをみて、同居人のアーデリアは異変に気が付きます。仲間のVICAPもすっかりクラリスの仲間!彼女を助けるために上院議員を説き伏せて強制捜査に踏み込みます。上院議員はキャサリンの見ている前で、自分を含めた製薬会社からのリベートをもらっていた議員への処罰を明言します。ママかっこいい!

  • クレンドラーは現場で撃たれ重傷
  • エスキベルは越権捜査を自分で申告して辞職
  • アーデリアは強制捜査の責任をかぶされ(というより黒人だから)休職処分

そしてクラリスは、実は父から守ってくれていた母親の愛を思い出し、自分の転職である捜査官に復帰します。そして数年ぶりに、実母に会いに行くのでした。

こりゃ、続編あるぞきっと。

まだ、レクター博士が出てきてないしね。

>>クラリスのシーズン2の情報はこちら

海外ドラマ「クラリス」、当初はWOWOWだけの放送だったけど、今は月額933円で全動画見放題のHuluでも見られるので、気軽に見たい方にはHuluがおすすめです。

Hulu<フールー>