ハンドメイズテイル シーズン2

ディストピアという、「絶望」を映像化した世界を、リアルに映し出すハンドメイズテイル。

 

女性は自由や人権を奪われ、出生率の回復のために「侍女」として、司令官たちの「産む機械」さながらの扱いを。

 

ハンドメイズテイルの何が怖いって、内容にちょいちょい織り込まれる「女性蔑視」が、今の時代でも当たり前にあるものばかりなんですよ。「こんなの今に始まったことじゃない」って、女性の多くは思うんですよね。

 

ハンドメイズテイルの世界が、「空想」ではなく「近未来」に思えてくるんです。

 

そんなリアルなハンドメイズテイルの世界を作り上げるキャストの日常に、今回は迫ってみました!生い立ちや過去作品など、なかなか興味深い内容に仕上がったので、お楽しみください。

ハンドメイズテイルを配信しているのはHuluだけ!

公式サイトはこちら

ジューン(エリザベス・モス)

ジューン・オズボーン/オブフレッド

出典元:https://www.imdb.com/
  • 役者名:エリザベス・モス(Elisabeth Singleton Moss)
  • 生年月日:1982年7月24日
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 過去出演作品:「17歳のカルテ」「ミッシング」「ハイ・ライズ」「ザ・バドマン」「ザ・ホワイトハウス」「ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル」「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」「グレイズ・アナトミー恋の解剖学」「サタデー・ナイト・ラブ」「トップ・オブ・ザ・レイク」

ハンドメイズ・テイルの主人公ジューンを熱演しているのは、アメリカ人女優のエリザベス・モス。幼少の頃から子役としてテレビドラマやCMに出演していました。

アンジェリーナ・ジョリーが有名になった映画「17歳のカルテ」にも出演していて、アンジーやウィノナ・ライダーとともに心に問題を抱える繊細なティーンエイジャーの役を演じました。

エリザベスは、ハンドメイズ・テイルのジューン役でエミー賞主演女優賞とゴールデングローブ賞を受賞しました。

当時、アメリカをはじめ世界中でセクハラに対抗して立ち上がろうという「ミー・トゥー運動」が活発になっていた時期で、ゴールデングローブ賞には運動の一環で多くのセレブ達は黒いドレスを着て出席していました。エリザベスも黒いドレスを着て、賞の受賞にのぞんだわけですが、この後一部から彼女に対する批判の声が上がってしまいます。

ハンドメイズテイルが女性を子供を産む機械として扱う問題のある作品だったから・・・ではもちろん無く、エリザベスがサイエントロジーという新興宗教の教徒であり、その宗教が女性教徒に対するレイプや性的暴行事件を隠蔽していたから・・・ということです。

蓮 はてな

サイエントロジーの性的暴行事件が本当なら、犯人は反省して刑に服して欲しいと思いますが、エリザベスはその事件とは関係ないだろうし、そのことで責められるのはちょっとかわいそうだなぁ・・・と思ったのが私の個人的な感想でした。

エリザベスはプライベートでは、2009年に俳優・コメディアンの男性と結婚しますが、すぐに別居をしはじめ翌年離婚。この離婚の原因も、エリザベスが信仰するサイエントロジーがらみの問題ではないかと言われています。

離婚後、新しい恋の噂報道などが出たこともあるようですがあくまでも噂で、エリザベス本人はプライベート情報は公にしないと公言しています。

現在恋人がいるのかどうかは分かりませんが、猫ちゃん2匹をマンハッタンの自宅で飼っているそうです。インタビューで「いずれ子供が欲しい」と語っているので、いつか再婚・・・または母になる未来を考えているのかな?と思います。

>>詳しくはエリザベスモス激太り?役者情報詳細!の記事で!

参考サイト:https://www.eonline.com/news/1030061/why-elisabeth-moss-now-keeps-her-love-life-private

フレッド(ジョセフ・ファインズ)

出典元:https://www.imdb.com/name/nm0001212/mediaviewer/rm4150142976
  • 役名:フレッド・ウォーターフォード
  • 役者名:ジョセフ・ファインズ(Joseph Fiennes)
  • 役者生年月日:1970年5月27日
  • 役者年齢:48歳
  • 役者国籍:イギリス

ジョセフ・ファインズの家庭環境

ジョセフ・ファインズさんは、とても多才な家庭で生まれました。父親は写真家、母親は作家。おまけに、兄は俳優、作曲者、ヴァイオリニストで、2人いる姉はともに映画製作者でした。

蓮

こんな家族に囲まれて育ったなら、ジョセフ・ファインズさんも俳優に進もうとなるでしょうね。

ジョセフ・ファインズの過去出演作

本格的な俳優活動スタートとなったのは、映画『魅せられて』への出演でした。

  • 映画では、
    『エリザベス』、『恋におちたシェイクスピア』、『ヴェニスの商人』
    などで有名。
  • ドラマでは、
    『フラッシュフォワード』、『CAMELOT?禁断の王城?』、『アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟』
    などに出演しました。
  • 舞台では、
    『お気に召すまま』、『オセロ』、『シラノ・ド・ベルジュラック』
    など。

ジョセフ・ファインズさんは何といっても、シェイクスピア関係の作品への出演の多さで知られています。放送映画批評家協会賞、全米映画俳優組合賞など、受賞歴も極めて豊富な俳優です。

ジョセフ・ファインズの結婚情報

そんなジョセフ・ファインズさんは、プライベートでは、2009年にめでたくゴールイン。お相手は、モデルのマリア・ドロレス・ディエゲさんでした。夫婦のあいだには、長女と次女に恵まれています。ジョセフ・ファインズさんの、公私それぞれのさらなる活躍に期待しましょう。

セリーナ・ジョイ・ウォーターフォード(イヴォンヌ・ストラホフスキー)

出典元:https://www.imdb.com/name/nm2088803/mediaviewer/rm2605397504
  • 役名:セリーナ・ウォーターフォード
  • 役者名:イヴォンヌ・ストラホフスキー(Yvonne Strahovski)
  • 役者生年月日:1982年7月30日
  • 役者国籍:オーストラリア
  • 過去出演作品:「チャック」「デクスター〜警察官は殺人鬼」「24-TWENTY FOUR-リブ・アナザー・デイ」

ウォーターフォード家夫人・セリーナを演じるのはオーストラリア出身の女優イヴォンヌ・ストラホフスキー。ご両親はポーランド人で、イヴォンヌも英語とポーランド語が堪能です。

オーストラリアの俳優育成施設・シアターネピアンで演技の勉強をし、卒業後に本格的に女優活動を始めます。オーストラリアの映画「ゴーン」(2006年)で映画デビュー。この作品以降、アメリカに移住しロサンゼルスを拠点に女優業を展開。

イヴォンヌ・ストラホフスキーさんは、雑誌『マクシム』における「世界のホットな100人の女性」に、2009年から2013年まで、2011年以外、すべてランクインするなど、演技以外でも話題は絶えません。

なお、ランキングの最高位は、2012年の35位。世界中で30位台にまでランクインするとは、驚異的な話でしょう。

ドラマシリーズ「チャック」(2007年〜)のサラ役で人気が上昇しました。「チャック」では激しいアクションシーンがありましたが、イヴォンヌはほぼスタントなしで自らアクションシーンをこなしたのだそうです。

2017年のエミー賞授賞式のレッドカーペットに大きなお腹を抱えて登場し、周囲を驚かせたイヴォンヌ。実は、俳優のティム・ローデンと結婚していたことが分かりました。

蓮

ハンドメイズ・テイルでは妊娠できない女性の役を演じていたときに、プライベートではお腹に赤ちゃんが♡と話題に上りました。

夫のティムとはドラマ「チャック」で共演していて、2009年頃から交際していたそうです。2018年10月に男の子のママとなったイヴォンヌ。母としても女優としても、これからのますますの活躍に期待です!

参考サイト:https://www.latimes.com/entertainment/tv/la-et-st-handmaids-tale-yvonne-strahovksi-20190605-story.html

イヴォンヌ・ストラホフスキーさんの過去出演作

イヴォンヌ・ストラホフスキーさんは、2018年には、映画『ザ・プレデター』への出演でファンをおおいに沸かせました。

  • 映画では、
    『白い闇の女』『ザ・プレデター』
    など。
  • ドラマでは、
    『チャック』、『デクスター?警察官は殺人鬼』、『24 リブ・アナザー・デイ』
    などに出演しました。

なお、イヴォンヌ・ストラホフスキーさんは、『チャック』ではティーン・チョイス・アワードアクション女優賞、『デクスター?警察官は殺人鬼』ではサターン賞最優秀ゲスト俳優賞を受賞しています。

モイラ(サミラ・ワイリー)

出典元:https://www.imdb.com/name/nm4148126/mediaviewer/rm1008599808
  • 役名:モイラ
  • 役者名:サミラ・ワイリー
  • 役者生年月日:1987年4月15日
  • 役者年齢:31歳
  • 役者国籍:アメリカ

サミラ・ワイリーさんは、両親がバプティスト教会牧師という、敬虔なクリスチャン家庭の出身。実は、難関として知られているジュリアード音楽院出身という、エリート女優です。

サミラ・ワイリーさんの過去出演作

そんなサミラ・ワイリーさんは、2011年、映画『ピンチ・シッター』で本格デビュー。2013年、ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』に出演したことで人気女優の仲間入りを果たしました。以後、映画では、『ロバート・デ・ニーロエグザイル』、『ニューヨークザ・ギャング・シティ 明日なき2人』などに出演。

サミラ・ワイリーさん結婚情報!

プライベートでは、2017年、ローレン・モーレリさんと結婚を果たしました。子供に関する話題が届くのも楽しみですね。

エミリー(アレクシス・ブレデル)

出典元:https://www.imdb.com/name/nm0088127/mediaviewer/rm2069234688
  • 役名:エミリー
  • 役者名:アレクシス・ブレデル(Alexis Bledel)
  • 役者生年月日:1981年9月16日
  • 役者年齢:37歳
  • 役者国籍:アメリカ

アレクシス・ブレデルさんは、アルゼンチン人(デンマーク系)の父親とメキシコ人の母親とのハーフ。そのため、英語とスペイン語を話せるバイリンガルです。語学が堪能だと、活躍できる国も増えて、女優としての幅も大いに広がりそうですよね。そんなアレクシス・ブレデルさんは、幼少時から子役として舞台で活動し、その後、モデルに転じます。

アレクシス・ブレデルさんの過去出演作品

そして、ドラマ『ギルモア・ガールズ』への出演で、本格的に女優として登場しました。アレクシス・ブレデルさんはいきなりこの処女作で脚光を浴び、雑誌『ティーン・ピープル』における「25歳以下のホットな25人」の1人に選ばれるなど、人気女優に急成長!

  • 以後、アレクシス・ブレデルさんは、
    『シン・シティ』、『旅するジーンズと16歳の夏』、『声をかくす人』
    など、話題の映画で活躍。
  • ドラマでも、
    『ER緊急救命室』、『マッドメン』、『ハンドメイドテイル』
    などの有名作に出演していきます。

そして、アレクシス・ブレデルさんは『ハンドメイドテイル』で、見事、エミー賞ゲスト女優賞(ドラマ部門)に輝きました。あまりにも華麗な経歴ですね。

アレクシス・ブレデルさんの結婚歴

プライベートでは、2014年、ヴィンセント・カーシーザーさんとゴールイン。2015年には息子に恵まれています。知的でインテリっぽい印象のアレクシス・ブレデルさん。ハンドメイズテイルでは、見た目の線は細いけど、女性蔑視に対する屈指ない強い精神を感じさせる力強い演技を見せてくれます!2019年以降のアレクシス・ブレデルさんの活躍も、楽しみですね!

ジャニーン(マデリーン・ブルーワー)

出典元:https://www.imdb.com/name/nm5483400/mediaviewer/rm2865111296
  • 役名:ジャニーン
  • 役者名:マデリーン・ブルーワー(Madeline Brewer)
  • 役者生年月日:1992年5月1日
  • 役者年齢:26歳
  • 役者国籍:アメリカ

マデリーン・ブルーワーさんは、サミラ・ワイリーさん同様、ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』に出演していますが、これが彼女の記念すべきデビュー作。つまり、マデリーン・ブルーワーさんとサミラ・ワイリーさんたち2人は、ハンドメイズテイルの前にも共演歴があったんですね。

これまでに、『ヘムロック・グローヴ』、『STALKER:ストーカー犯罪特捜班』、『ブラック・ミラー』といったドラマで活躍しています。女優としては、もっぱらドラマがメインの、マデリーン・ブルーワーさん。しかし、マデリーン・ブルーワーさん。実は、もともとテレビで活躍することは目標としていなかったというのです。

蓮

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』、『ハンドメイドテイル』といったヒット作に恵まれていただけに、意外ですよね。

そしてマデリーン・ブルーワーさんは、意外にも、日本の禅の精神を重視しているとのこと。女優さんご自身よりも、どうしてもハンドメイズテイルの「ジャニーン」の印象で見ちゃうだけに、これは意外。アジア文化は欧米の方々からすると、興味深いものなのかもしれませんね。

 

ルーク(O・T・ファグベンル)


出典元:https://www.imdb.com/name/nm1282966/mediaviewer/rm1018839808

  • 役者名:O・T・ファグベンル(O.T.Fagbenle)
  • 生年月日:1981年1月22日
  • 出身地:イギリス・ロンドン
  • 過去出演作品:「ザ・ファイブー残されたDNAー」「インターセプター」「刑事トム・ソーン」

ジューンの夫ルークを演じるのはイギリス人俳優のO・T・ファグベンル。お父様はヨルバというアフリカ系民族のナイジェリア人、お母様はイギリス人です。子供の頃スペインに移住し、サックスフォンを習い、ジャズバンドで演奏していたそうです。その後イギリスに戻りミュージシャンとしてビッグバンドで活動を続けます。ウェンブリーアリーナやロイヤルアルバートホールで演奏をしていたそうです。

舞台俳優としての経歴もあるファンベンル。現在はテレビ・映画・ラジオで活躍していて、作家や監督としても活動していますし音楽活動も続けているそうです。ハンドメイズテイルでは、いつかジューンと再び結ばれてハッピーエンドになればいいなぁと思いますが・・・どうなるのでしょうね。

蓮

あのくらい雰囲気からは、ハッピーエンドが予想できない…

参考サイト:https://en.wikipedia.org/wiki/O._T._Fagbenle

ハンナ・バンコール


出典元:https://www.imdb.com/name/nm8600959/mediaviewer/rm3829270272

  • 役者名:ジョルダナ・ブレーク(Jordana Blake)
  • 生年月日:2009年5月21日
  • 出身地:カナダ
  • 過去出演作品:「スタートレック:ディスカバリー」「リオット・ガールズ」

ジューンの娘、ハンナを演じているのは子役のジョルダナ・ブレーク。映画「スタートレック」への出演歴もあり、そこそこ活躍している子役さんなのかな?と思うのですが、あまり彼女の情報が詳しくまとめられているサイトなどは見つかりませんでした。

彼女のインスタグラムアカウントは見つけたので、興味がある方は見てみてくださいね。投稿画像数はそんなに多くありませんが、ハンドメイズ・テイル撮影現場で撮影したらしい画像も投稿されています。

ニック(マックス・ミンゲラ)

出典元:https://www.imdb.com/name/nm1540404/mediaviewer/rm3473375488

  • 役名:ニック
  • 役者名:マックス・ミンゲラ(Max Minghella)
  • 役者生年月日:1985年9月1日
  • 役者年齢:33歳
  • 役者国籍:イギリス

マックス・ミンゲラさんは、映画監督のアンソニー・ミンゲラさんを父親として誕生。母親は中国の血も引いています。そんなマックス・ミンゲラさんは、コロンビア大学出身というエリート。俳優としては、映画『綴り字のシーズン』で本格的に活動を開始しました。

  • その後は、
    『アレクサンドリア』、
    『スーパー・チューズデー?正義を売った日?』
    などの映画で活躍しています。

なお、マックス・ミンゲラさんは、2016年には、『ルイの9番目の人生』にて、脚本家とてもデビュー。父親譲りの多才さでしょう!今後は、俳優だけではなく、脚本家としても期待値は大きいですね。

プライベートでは、2018年、エル・ファニングさんとのデートがキャッチされた、マックス・ミンゲラさん。早くハッピーなニュースが飛び込んでくるのを待ちましょう。

参考サイト:https://www.instagram.com/jordana_blake/?hl=jahttps://www.imdb.com/name/nm8600959/bio?ref_=nm_ov_bio_smhttps://the-handmaids-tale.fandom.com/wiki/Hannah_Bankole

まとめ

  • ハンドメイズテイルのシーズン1と2を見れるのはHulu だけ!
  • 数々の賞を受賞したエリザベスモスが主演!
  • フレッドはシェイクスピアの作品に、過去多数出演!
  • セリーナは、ハンドメイズテイル以前でも世界的に有名女優さんで、2018年にご懐妊!
  • エミリーはリアルでも才女でバイリンガル。
  • ジャニーンは、もともと役者志望ではなく、なんと日本の禅にも関心を持っている!
  • ニックは脚本家としての今後の活躍も期待!

以下の記事も合わせてご覧ください。