新・オスマン帝国外伝のキャスト一覧。今度の主演女優は…

新・オスマン帝国外伝のキャスト一覧を紹介いたします。前のオスマン帝国外伝では、ヒュッレムやスレイマン、スンビュルやムスタファ、それにミフリマーフとマルコチョールという、世界的にも話題の役者さんが勢ぞろいしていましたね。

今回の新・オスマン帝国外伝の役者さんたちはどんな面々でしょうか?!!プライベート画像と共にお楽しみくださいね。

スレイマン&ヒュッレム他【オスマン帝国外伝のキャスト紹介】シーズン1~2

キョセム/アナスタシア(少女時代)

  • 名前:アナスタシア・ツィリンピウ(Αναστασία Αναστασία Τσιλιμπίου)
  • 生年月日:1997年11月12日
  • 出身地:ギリシャ・アテネ
  • 経歴:2003年、5歳の時にモデルと子役としてデビュー。
  • 新オスマン帝国での役柄:主人公。オスマン帝国第14代目の皇帝のお気に入りの側女。ギリシャから誘拐されてきた。

新・オスマン帝国外伝の主役アナスタシアを演じるのはモデルのアナスタシア(同じ名前)。5歳から子役で人気だった彼女は、実は女優としては新・オスマン帝国が初めて。痛烈なデビューを飾ったと言えます。

出てきた当初は「え、ヒュッレムの後の主役がこの子?」とあまりの幼さに驚くのですが、彼女が演じるのは少女時代(14歳くらい)までのキョセムで、その後ペレン・サートと主役をバトンタッチします。

キョセム/アナスタシア(大人時代)

  • 名前:ベレン・サート(Beren Saat)
  • 生年月日:1984年2月26日
  • 出身地:トルコ・アンカラ
  • 新オスマン帝国での役柄:主人公。オスマン帝国第14代目の皇帝のお気に入りの側女。後宮の権力抗争に積極的に乗り出す。

サーとはトルコの女優で、2009年、2010年とドラマでトップの賞「ゴールデンバタフライ賞」を2回受賞し、女優の階段を駆け上りました。テレビドラマシリーズ「禁じられた恋」で一躍有名になった人気女優さん。英語・スペイン語と語学が堪能で、2019年ではネトフリの「アティエ」というオリジナルドラマで主演も務めました。トルコでも有数の高給取りの女優へと階段を駆け上ったサートは、慈善事業にも活発で収益の大部分を寄付しています。

2012年以降、ミュージシャンのケナン・ドグルとお付き合いしているとか。

17話で突如役者交代して、主役として花開きました。往年の大女優ビビアンリーを彷彿とさせる黒髪黒目に巻き髪の美女で、ミドリっぽい服を着ているとスカーレットオハラに見えてきます(笑)

サフィエ妃

  • 名前:ヒュリヤ・アヴシャル(Hülya Avşar)
  • 生年月日:1963年10月10日生まれ
  • 出身地:トルコのエルサルバドル
  • 経歴:トルコの女優・歌手・実業家・元美人コンテストタイトル保持者・コラムニスト・ファッションデザイナー・プロのテニス選手
  • 新オスマン帝国での役柄:第12代のオスマン帝国皇帝の妻で、13代皇帝メフメトの母后。14代アフメトの時代にも宮殿での権力をふるう。

アヴシャルはトルコで数多くの映画やドラマに出演している大女優です。過去に美人コンテストでタイトルを取ったものの、隠していた離婚歴がバレて賞が取り消しになるという…。1979年に学生結婚をしたけどすぐに離婚。1997年に2度目の結婚をして娘を授かり、2005年に離婚。恋多き女性の匂いがプンプンする魅力的な女優さんです。2001年アマチュア大会で優勝してプロのテニスプレーヤーに。8枚のCDをリリースするなど歌手としても活躍。

というか、活躍が幅広すぎてどこからどこまで語っていいやらwという感じです。もともと持っていた美貌と能力を磨いて、何事にも一所懸命に取り組んで実績を残してきた素晴らしい女性だということがよくわかります。

新・オスマン帝国外伝ではサフィエ妃として後宮で一番の権力者としての存在感を放ちます。

アフメト皇帝

  • 名前:イスメット・エキン(イーキン)・コチ(Ekin Koç)
  • 生年月日:1992年6月21日
  • 出身地:トルコ?
  • 新オスマン帝国での役柄:第14代目のオスマン帝国の皇帝。スレイマンの夜叉孫にあたる。(スレイマン→セリム→ムラト→メフメト→アフメト)

主役のアフメトを演じるのはイーキン・コチ。トルコの若手俳優で、新・オスマン帝国外伝に出演したことで一躍、世界的に有名な役者へとなりました。

蓮

オスマン帝国外伝は、世界で8億人の人に見られている有名なドラマなので、新オスマン帝国外伝も注目されてるんですよね。

今までもいくつかのドラマに出て受賞したりと、若手の中でも実力派の注目株でした。

ムスタファ(弟)

  • 名前:ボラン・クズム(Boran Kuzum)
  • 生年月日:1992年10月1日
  • 出身地:トルコのアンカラ
  • 新オスマン帝国での役柄:皇帝アフメトの弟で、即位時に慣例にならって処刑されずに命を救われる。そのためにその後何度も反乱者に利用され、新皇帝として祭り上げられる。反乱を危惧したアフメトによって塔に幽閉される。

クズムは演劇学校で役者としての実力を固め、2016年に新オスマン帝国外伝の成人したムスタファ役に付いてからは、順調に役者としての階段を上り続けます。数々の受賞を経て、今後の活躍も期待されています。

蓮

「うつけの皇帝」と言われたムスタファ役を、実に上手くやっていた!素晴らしい役者さんです。

ハンダン母后

  • 名前:チューリン・オーゼン(Tülin Özen)
  • 生年月日:1979年12月24日(イブ産まれ!)
  • 出身地:トルコのイスタンブール
  • 新オスマン帝国での役柄:アフメトの母で母后として後宮を仕切るが、サフィエやハリメにやられっぱなし。

オーゼンは高校時代から演劇に興味を持ち、2003年より女優として活動。20本以上の作品に出演し、トルコではオーソドックスな立ち位置の女優さんです。

どの役者さんにも共通して言えますが、オスマン帝国外伝への出演によって一気に世界的スターに駆け上がりました。落ち着いて良心的な母后としての役柄を後援しており、野心家で怖いサフィエやハリメ妃とは対照的な立ち位置として存在感を出しています。

「ほくろの寵妃」と作品の中では呼ばれてますが(呼んでるのサフィエだけ)、プライベート画像にほくろがないから、役柄としてほくろを付けてると思います。

ハリメ妃

  • 名前:アスリハン・ギュルブズ(Aslıhan Gürbüz)
  • 生年月日:1983年2月16日
  • 出身地:トルコのイスタンブール
  • 新オスマン帝国での役柄:アフメトの弟ムスタファの母で、ムスタファの死に常におびえて権謀術数を巡らせる蛇のような女性。

ハリメ妃を演じるギュルブズはトルコの女優さんです。2011年にゴールデンバタフライ・コメディ部門を受賞しており、映画やドラマで幅広く活躍。

ハリメの強烈な美貌や意志の強さにピッタリすぎる役者さんで、宮殿内で弱い立場でありながら一番怖く見える存在感を放っています。

ディルルバ皇女

  • 名前:オイキュ・カラエル(Öykü Karayel)
  • 生年月日:1990年8月20日
  • 出身地:トルコのイスタンブール
  • 新オスマン帝国での役柄:ハリメの娘で皇女。アフメトの妹。ムスタファの姉として、ハリメ同様、命をかけてムスタファ即位を目論みます。少女の頃も高慢ちきで、成人してからはハリメに変わりキョセムの敵となっていきます。

トルコの女優さんで、音楽学校で演技を学びました。スタイルが良くモデルや音楽活動にも積極的。オフの過ごし方はインスタでも人気となっています。

ファーリエ皇女

  • 名前:ギュルカン アルスラン(Gülcan Arslan)
  • 生年月日:1986年5月1日
  • 出身地:トルコのサカリア
  • 新オスマン帝国での役柄:サフィエの娘で皇女。3度の結婚の末、クリミアハンの皇子メフメトと恋に落ち、愛ゆえに愚かな過ちを繰り返す。

トルコの女優さんで、過去出演作でも演技は女優として知られています。新オスマン帝国外伝では、愚かな皇女ファーリエを好演。オスマン帝国外伝をずっとみてきて、ハティジェやミフリマーフの境遇を知っているファンからすると「時代が新しくなって皇女が自由になりつつある」という先鋭的な印象があります。

1600年に入り、スレイマンの時代に比べオスマン帝国の諸国に対する権力も変わりつつあり、時代が反映されてますね。

デルヴィーシュ

  • 名前:メフメット・クルトゥルシュ(Mehmet Kurtuluş)
  • 生年月日:1972年4月27日
  • 出身地:トルコのウシャク
  • 新オスマン帝国での役柄:宰相の一人で、切れ者。母后のハンダンへの淡い想いを胸に、権力を求めてのし上がっていく。イブラヒム的な?

デルヴィーシュ役の俳優さんはトルコ系ドイツ人で、過去いくつかの映画やテレビに出演してきました。切れ者のデルヴィーシュを好演しています。ハンダン妃とはプライベートでもなかよしです♪

イスケンダル(アレクサンダー)

  • 名前:バーク・カンカット(Berk Cankat )
  • 生年月日:1984年5月9日
  • 出身地:トルコのアンカラ
  • 新オスマン帝国での役柄:キョセムがさらわれ、逃げ出そうとしたときに偶然出会い、いつも助けてくれるイケメン歩兵。実はオスマンの皇族の可能性もあり、今後の活躍に期待。

大学卒業後はグラフィックデザイナーとして仕事をしていたカンカット。もともと役者に興味はなかったため、役者としての経歴はとても浅いですが、新オスマン帝国外伝で準主役級のメンバーに大抜擢され、注目を集めました。オスマン帝国外伝のマルコチョール役の役者さんもしかり、トルコには世界的に見ても美的ランキングの高い俳優が多く、彼もその一人として知られています。

まとめ

新オスマン帝国外伝では、新たなキャスティングが組まれて、アナスタシアの少女時代の女優さんや、イスケンダル役など若手も多数起用されています。本家オスマン帝国外伝は世界で8億人ものファンがいると言われる大作。新作も当然、世界的に有名役者さんとなることを見込んでキャスティングされており、今後も他の作品でお目にかかることがありそうですね。

あらすじ記事も更新しておりますので、一緒に楽しんでみていきましょう。

新・オスマン帝国外伝~影の女帝キョセム~のあらすじ【シーズン1】1~5話