オスマン帝国外伝・シーズン2【23話~26話】あらすじネタバレ・ハティジェが真相を!

シーズン2の10話くらいで始めてイブラハムの風呂シーンをみて、腹が出てて、ものすごくがっかりした蓮です、こんにちは!

イブラハムならば、仕事とジム通いを両立できるタイプだとばかり思っていた…

仕事ばかりで筋力トレーニングを怠っているとは…まさかのビール腹…

ハティジェは皇女としておこらないんでしょうか…どーでもいいですね、すません!

 

22話ではイブラハムがついにニギャールを…

ニギャール好きな私としては嬉しいですが…

心配。

ハティジェが。

ってわけで、オスマン帝国外伝のシーズン2の23話からのあらすじネタバレ感想をお楽しみください!

>>前回の22話まではこちら

オスマン帝国外伝は、Huluで見るのがおすすめです!

 

↓↓Huluの14日間無料お試し登録は以下のリンクからどうぞ!

公式サイトはこちら
 

オスマン帝国外伝・シーズン2の23話あらすじ!

イザベラの脱出劇

ヒュッレムの助けでやっと逃げ出したイザベラだったが、イブラハムにあえなくつかまる…。

 

脱出が失敗に終わるも、悔しいのか嬉しいのか複雑な思いを抱え込むイザベラ。

 

「なぜ逃げるのか?皇帝に恋をしているのに」

とイブラハムにあおられて、慌てて否定するも…

 

「皇帝の妃になりたくないのですか?」

の問いに対し、頭の中で何かを思いめぐらせる。

イブラハム、頭いいなぁ~

やっぱこの人、絶妙のタイミングで仕掛けてくるよねw

頭いいわ~

2人が狩猟の舘に戻ってくると、そこにはイザベラに会いに来たスレイマンがいた。

 

スレイマンは、イザベラの逃亡をきき、手助けをしたのがヒュッレムであることを見抜く…

さすがスレイマン笑

ヒュッレムのこと、わかってるよね。

浮気してることに、なんとなーく自責の念があるなら嬉しいけど

狩猟の舘の部屋に戻ったイザベラは、どことなく、脱走が失敗に終わったことに、嬉しそうだった…。

なんかさ、ぐらぐらとイザベラの魅力に惹かれながらも、

スレイマンはギリギリのとこでヒュッレムを常に優先させてるよね。

けっこうこのスレイマンの対応に、真摯さも感じますよ、私は。

それに比べてイブラハム、酷すぎるwww

アルミンとマルコチョール

病床のアルミンに、遠征から帰ったら結婚しよう!と伝えるマルコチョール。

 

自分の命の終わりを察して「そんなの夢物語だ」というアルミン。

自分のせいだと泣き崩れる父親。

 

しかしマルコチョールはウェディングドレスを手に戻り、

「今夜結婚しよう!」とプロポーズするのだった。

イケメンな上に心もイケメン…

アルミン、病気にさえならなかったら幸せになれたのに!

起き上がれないアルミンと、手を取り合って結婚式を過ごすマルコチョール。

 

誓いの口付けも「病気がうつるから」と出来ず…。

新婚の2人は、手を握り合うだけの初夜を過ごした。

 

翌朝、冷たくなっていたアルミンの身体に気付き、泣き崩れるマルコチョール…。

ニギャールの今後

イブラハムと一夜の情事をともにしたニギャール。

発覚を恐れたイブラハムに、移動を命じられてなくなく宮殿に。

 

戻ってきたニギャールを待ち構えていたのは、ヒュッレムの手帳を探すマヒデブラン。

 

知らぬ存ぜぬで、いつもどおり巧妙にマヒデブランをかわすニギャール。

 

宮殿で会っても冷徹な態度のイブラハムに傷つき、部屋で1人で泣き崩れる…

 

心配したギュルにも「死にたい」と弱音をはくほどに。

 

仕事もせずに部屋で落ち込んでいるニギャールに、

いつも大忙しのスンビュルはイライラ。

 

イブラハムに「ニギャールがサボってます!」と言いつける始末。

するとイブラハムは、「ニギャールを結婚させろ」と命令…

酷い…

酷すぎる、イブラハム…

てか、ほんとに女の地位が低すぎて、泣けてきます。

ハティジェはその頃…

エディルネ宮殿で、息子を亡くした悲しみを癒すハティジェ。

離れていることで心に浮かぶのは、夫イブラハムへの愛。

 

イブラハムに会いたいという一心で、母の声も聞かずに自宅へと帰還。

 

自室に戻ったハティジェの足元には、イブラハムのベッドの脇に落ちた、ニギャールのショールがあった…

ハティジェ…

シーズン1では聖母のようだったのに。

なんか人間味が出てきたよね。

ヒュッレムとイブラハムの戦いの物語だから、巻き添えを食らわずをえなくて、ちょっとかわいそうです。

 

オスマン帝国外伝・シーズン2の24話あらすじ!

ニギャール追放?!!

結婚させられると聞いて絶望のニギャール。

嫌味をいってきたギュルシャーに、腹立ち紛れにつかみかかる!

 

とめに入ったギュルに、「追い出される!」と泣き言をいう始末。

心配したダイエにも心を閉ざし、「とにかく宮殿にいたい」と繰り返す。

 

ギュルは切羽詰って、ヒュッレムに相談に。

 

ニギャール追放の知らせを受けたヒュッレムは、事情をよく飲み込めないままに、仕方なくニギャールを擁護。

なんか、敵の敵は味方、みたいに複雑に権力が入り混じってきたねw

とりあえず、ニギャール追放されずに良かった!

イブラハムとハティジェ

ベッドの下のニギャールのショールを見つけるも、深く気に留めないハティジェ。

 

ニギャールを宮殿に帰したことには、わずかに疑念を持っていた。

 

だが、メフメトの死に悲しむハティジェに寄り添うイブラハムに慰められる。

 

「永遠にわたしから離れないで」とすがり付いて、イブラハムの愛を求めるのだった。

ヒュッレムは…

ライバルのイザベラをまんまと脱走させたと思い込んでるヒュッレムは、

女官たちを呼んで勝手に宴を繰り広げる。

 

それをみた母后がヒュッレムを叱咤。

スレイマンとの仲も順調…

と思っていたけど。

 

ヒュッレムの娘のミフリマームが、母の首飾りを勝手に遊びに使ってたとこにスレイマン登場。

 

その首飾りが、イザベラに贈ったものであったために驚く。

 

イザベラとヒュッレム

イブラハム邸での食事に呼ばれたヒュッレムとスレイマン。

そこに現れたのは、ヒュッレムが脱出させたと思い込んでたイザベラだった。

 

しかもヒュッレムの目の前で、スレイマンから再び首飾りを贈られるイザベラ。

 

嫉妬に燃えたヒュッレムは、イザベラが別室にいったとたんに襲い掛かる!

 

「私は王女よ!あなたは奴隷!」

「私の陛下に恋をしているのね!」

「そのとおりよ!わたしはあなたと戦うわ!」

 

激しい女同士の激のぶつけ合い。

 

その部屋のドアの外には、実は立ち聞きしていたスレイマンがいた。

こわいこわいw

もう、物理的には髪の毛引っ張りあいの喧嘩ですよ。

イザベラ強いw

というか、やっぱスレイマンのこと好きだったのね~

ドアの外にいるよ!笑

 

そして翌日、イザベラはスレイマンの命令で、ついに後宮へと入ってくるのだった…!

 

オスマン帝国外伝・シーズン2の25話あらすじ!

イザベラ後宮へ

イザベラが後宮へやってきて、ヒュッレムは気が気でない!

 

急いでスレイマンのとこへ行き、抗議するも、

「イザベラはもう後宮の一員。受け入れろ」と言われるのみ…。

 

「今日のことは忘れない…!」

怒りに瞳を燃やして、ヒュッレムは部屋を出て行く。

 

廊下であったイザベラにも「生まれてきたことを後悔しろ」と言い放つ。

 

母后もマヒデブランも完全に2人のバトルを傍観して、楽しんでいた。

 

イザベラが粛々と夜伽の準備をしているとは知らずに、母后に呼ばれて部屋で過ごすヒュッレム。

 

ニュルフェルから、イザベラが風呂で身体を清めていると聞き、母后にも食ってかかる。

 

「誰が来ても私が勝つ!」

 

そういい捨てて、部屋を出て行くのだった。

しかし廊下で寝所に向かうイザベラに出会い、

めまいを起こして部屋へと戻るしかなかった。

 

スレイマンの愛の詩を焼き、裏切りに絶望していた。

イザベラとスレイマンは2人の時間を過ごし、愛を語らっていた。

 

そして表の情勢で、カール5世との戦争に、イザベラを交渉材料に使うことをやめると宣言。

 

イザベラを完全に、後宮の一員として扱い始めていた。

ヒュッレムの復讐

部屋にこもりきるヒュッレムを心配して、様子を見に来るハティジェ。

 

しかし「イブラハムの操り人形」とヒュッレムは聞く耳を持たない。

そしてニュルフェルに命じて、イザベラの馬に仕掛けを。

 

スレイマンと馬乗りに出かけたイザベラは、案の定怪我をして帰ってきた。

イブラハムとニギャール

イザベラが怪我をしたことで、付き人のニギャールをキーキー攻め立てるイブラハム。

 

そして「ヒュッレムの言うことを聞いて、イザベラに毒を盛れ。疑われるのはヒュッレム」と入れ知恵する。

 

ニギャールは夜にヒュッレムの部屋に。

そして、イザベラを殺す計画を話すのだった。

 

それは毒殺ではなく、町で流行っている黒死病を、イザベラにうつそうというものだった…。

これってニギャールのアイデア?

イブラハムのアイデア?

どっちにしろ、悪魔のささやきだね。

今はでも、やっぱりヒュッレムがかわいそうです。

オスマン帝国外伝は、2019年5月現在、Huluの独占配信!(シーズン2)

 

↓↓Huluの14日間無料お試し登録は以下のリンクからどうぞ!

公式サイトはこちら

オスマン帝国外伝・シーズン2の26話あらすじ!

スレイマンとヒュッレム

落馬して怪我をしたイザベラの元へ見舞いに訪れたヒュッレムが、

なんか足をぎゅーーーっとつかんで「死ね」って脅しました、前話で。

 

イザベラはすかさずスレイマンにそれを報告。

しかもミフリマームに「母からしゃべるなって言われた」と拒否されたこともチクります。

 

スレイマンはヒュッレムの部屋へ行き、オコ。

「オマエだってマヒデブランの幸せを壊したじゃないか!」と、

(え?それを言ったらスレイマンだってマヒデブランに酷いことしてるのにw)

の俺様説教をされます。

「妃らしくあれ」と釘を刺されるヒュッレム。

ニリュフェルが暗躍

ヒュッレムに忠実なニリュフェルが、今回も暗躍します。

 

ニリュフェルだかニュルフェルだかよくわからない名前だけど、

忠誠心アツいこの子だけは助かって欲しい!

 

ニリュフェルはペスト患者の血にまみれた包帯を、

触らないように注意しながらゲット!

 

風呂に入って身を清め、万全の状態でヒュッレムに報告。

イブラハムからの指令があるニギャールは、「自分が任務をやる」と申し出る。

 

イブラハムの野望

ニギャールに偉そうに色々指示を出して暗躍するイブラハム。

マルコチョールが「スレイマン戦記」みたいなのを執筆してると聞くと、

「俺のも【イブラハム戦記】として別に書いてよ」と図々しいお願いを笑

しかも野望に満ちたそんなお願いをしてるとこを、ばっちりスレイマンに聞かれちゃってるという罰の悪さ笑。

そしてその後スレイマンに誘われた棒術で、コテンパンに任されるイブラハム。

鼻血も出します。

「精進せよ!」と叱咤され、目が覚めるイブラハム。

ニギャールの裏切り…

イブラハムと関係をもったゆえに、宮殿を追放されそうになってる二ギャール。

救ってくれたヒュッレムに恩を返すかと思いきや…

結局はイブラハムに従い、ヒュッレムへの裏切り行為を。

ニリュフェルが持ってきた黒死病患者の包帯を焼き捨て、イブラハムから渡された毒をイザベラの食事に混入する。

それを影から見ていたギュルは動転!

ギュルは急いでヒュッレムの部屋に行き、ニギャールが包帯ではなく、毒物をイザベラの食事にもったことを伝える。

慌てたヒュッレムがイザベラの部屋に向かうと…

そこには1人の女性が、倒れていた。

ニギャールは裏切っても尚、「イブラハムが助けてくれる」というが、

「宮殿からオマエを追放しようとした男だぞ?」とギュルに説得される。

イザベラの行方

イザベラは実は、落馬の怪我で寝ているだけだった。

目を覚ましたら、侍女が毒で死んでいるのを発見して動転。

そこをギュルにつかまり、洗濯部屋に押し込まれてしまう。

 

さいごに

ニギャールも、頭のいい女性なのに、やっぱり色恋沙汰がからむと、裏切るよね…。

ニギャールは最初っからヒュッレムの見方をしてくれていたから、

今回の裏切りにはショックです。

そして、イブラハム。

だんだん悪い男になってきたね~w

 

オスマン帝国外伝は、2019年5月現在、シーズン2はHuluのみ!

 

↓↓Huluの14日間無料お試し登録は以下のリンクからどうぞ!

公式サイトはこちら
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です