オスマン帝国外伝・シーズン1【1~10話】あらすじネタバレ~ヒュッレム台頭劇

トルコ版大奥と名高いオスマン帝国外伝。だけあって、後宮での争いが凄まじい!

ゆえに、スレイマンが戦や政治でリアルに功績を挙げても、

いいから後宮のほうばっかり映してよ」と思っちゃう蓮です、こんにちは!

 

オスマン帝国外伝は、シーズンに詰め込まれている話がとにかく長すぎる。

なんエピソードあるねんwと突っ込みたくなるけど、意外とするするとみれちゃいます。

今回は、オスマン帝国外伝のシーズン1の前半の完全あらすじを紹介いたします。

ネタバレ満載なのでご注意ください!

 

↓↓オスマン帝国外伝は、Huluだけの独占配信。Huluの14日間無料お試し登録は以下のリンクからどうぞ!

公式サイトはこちら
 

オスマン帝国外伝1の1話~3話のあらすじ

出典元:https://www.imdb.com/title/tt1848220/mediaviewer/rm4247380992

属国のとある町で、キリスト教の牧師家庭で平和に愛に包まれて暮らしていたアレクサンドリアは、

ある日敵国「オスマン帝国」に攻められて、捕獲されてしまう。

 

両親と妹は殺され(妹が殺される描写はなかった?)、婚約者は行方知れず。

捕虜の奴隷となり、「帝国の所有物」として、

他の娘たちと寿司詰めの船に乗せられて、

オスマン帝国へとつれてこられるアレクサンドリア。

 

体を徹底的に(股の間まで)調べられて、家畜のように格付けをされて宮廷に使える女としての指導を強要される娘たち。

 

最初は終始反抗的な態度で服従を頑なに拒み、罰を受けては泣いていたアレキサンドリア。

 

しかし一度、オスマン帝国の若き皇帝スレイマンを一目見て、

その容姿を気に入ってからは、

皇妃にのし上がるためあの手この手でスレイマンを魅了し始めます!

 

その手管は子供っぽくもあるけど、若き皇帝ということでストレスのたまりがちなスレイマンの心を癒し、

ついには寝所に呼ばれることに…!

 

オスマン帝国外伝1の4話~5話のあらすじ

出典元:https://www.imdb.com/title/tt1848220/mediaviewer/rm2927813888

アレキサンドリアは、途中からスレイマンに「ヒュッレム=人を楽しませる女性」という名を賜り、

寵愛を受けていくことに。

 

オスマン帝国の若き皇帝スレイマンには、1人目の皇妃ギュレフィムと、

2人目の皇妃で皇子を出産したマヒデブランがいました。

 

ギュレフィムはほぼ日陰の存在で、後宮での存在感は皆無に等しい。

 

が、これまでスレイマンの寵愛を独り占めしてきたマヒデブランは、

ヒュッレム(アレキサンドリア)の登場に真っ向から敵対します。

 

ヒュッレムが寝所に呼ばれた日に、先に寝所に入ってしまったり、

ヒュッレムを馬鹿にしたり牢屋に閉じ込めたり、わかりやす~い嫉妬心をあらわにします。

 

これに対してヒュッレムは、持ち前の負けん気と、スレイマンからの寵愛だけが武器。

 

世継ぎの母であるマヒデブランにはしばしば泣かされるものの、全然めげずに立ち向かいます!

 

そんなときにマヒデブランがまさかの2人目懐妊。

「私は愛を独り占めしたい」とスレイマンに対しても豪語します。

 

オスマン帝国外伝1の6話のあらすじ

出典元:https://www.imdb.com/title/tt1848220/mediaviewer/rm435886592

マヒデブランの妊娠に伴い、後宮の勢力は一気にマヒデブランに傾き、

仲間からもシカトされ、窮地に立たされるヒュッレム。

 

寝所へ行こうとしても妨害されて、スレイマンに会うことも出来ません。

 

なすすべもないヒュッレムは、自分付きの侍女のニギャールに相談し、

宦官長官であるスンビュラに心づけをして、知恵を付けていきます。

 

そんな時、ヒュッレムの唯一のよりどころである、

スレイマンから贈られた大切な指輪が盗まれます。

 

怒りくるって指輪を探すヒュッレム。

 

スレイマンからの贈り物とあって、皇太后(スレイマンの母)も指輪の行方を調査し始めます。

 

指輪を盗んだのは、ヒュッレム同室のアイシャ。

そしてアイシャにそれを命じたのは、皇妃マヒデブランでした。

 

マヒデブランは自分のもののように盗んだ指輪を愛でますが、

宦官や女官たちの厳しい捜索に、ついに盗んだことがばれてしまいます。

 

スレイマンからの寵愛は相変わらずヒュッレム1人に捧げられ、

指輪を盗んだことによって皇太后からも叱責を受けるマヒデブランは、

思い悩んでついに子供を流産してしまう。

 

オスマン帝国外伝1の7話のあらすじ

出典元:https://www.imdb.com/title/tt1848220/mediaviewer/rm3062031616

流産したことにより気が狂ったようにヒュッレムを敵対視するマヒデブランは、

廊下で出会ったヒュッレムに、突然殴りかかります。

 

激しい攻めに、気を失うヒュッレム。

 

マヒデブランの暴行によって、顔面がはれ上がり血を流し、

別人のようになるヒュッレムは、満身創痍で重症になった。

 

夜伽を命じたヒュッレムが来ないため、ヒュッレムの部屋にきたスレイマンは、

変わり果てたヒュッレムの姿におどろき、マヒデブランを宮殿から追い払うよう命じた。

 

一方表の世界では、オスマン帝国がいよいよ、ドナウ川を進軍して、ヨーロッパに攻め入ろうとしていた。

 

オスマン帝国外伝1の8話のあらすじ

皇帝スレイマンの愛情を一身に受けて、わかりやすーく調子にのるヒュッレム。

 

その高飛車な態度は宦官たちや他の奴隷や側女だけではなく、

あろうことかスレイマンの生みの母である皇太后さえ怒らせる。

 

しかしいよいよ出陣に望もうとするスレイマンは、側女にかまっている暇もなく、ヒュッレムとの時間も短い。

 

不服に思うヒュッレムは、皇帝の側近のイブラハムに、「スレイマンをとらないで」などとお門違いな文句を言う。

 

スレイマンに「弟」とも呼ばせる信頼厚い部下であるイブラハムは、そんなヒュッレムを一蹴。

 

イブラハムはスレイマンの妹の、未亡人であるハティジュに夢中。

 

夜な夜なバイオリンを奏でて愛を囁きますが、王と一緒に出陣し、2人の仲は一時引き裂かれます。

 

オスマン帝国外伝1の9話のあらすじ

出典元:https://www.imdb.com/title/tt1848220/mediaviewer/rm2941917696

いよいよ戦争に進軍し、スレイマンを甘く見た敵に対し、圧倒的兵力と高い参謀力で敵を圧倒するオスマン帝国軍。

 

イブラハムもスレイマンの片腕として知恵をしぼります。

 

ヒュッレムは宦官長に袖の下を渡して、宮廷での処世術を学ぶ。

こういうときのヒュッレムは本当に賢い。

見る見るうちに知恵を見に付けていく。

 

が、大きすぎる態度は皇太后の鼻につき、スレイマンが戦争で出かけている間に、

エディルネという土地の宰相のもとへ、ヒュッレムを嫁に出そうとする。

 

頼みのスレイマンも遠方の地。

後宮に味方は、側女のマリアだけ。

 

無理やりにでも宰相の下へと嫁がされそうなヒュッレムは、

後宮に来て以来の最大の窮地。

 

強引に引きずり出された時に、皇太后に対してとっさについたうそが、

「スレイマンの子供を身ごもった!」というもの。

 

懐妊を偽わるのは大罪。

背水の陣のヒュッレムは、他になすすべもなかったのだ。

 

オスマン帝国外伝1の10話のあらすじ

「懐妊をいつわったら処刑される!」と脅されても、懐妊は本当だと言い張るヒュッレム。

 

そうしなければ、顔も見たことのない男の下へと嫁がされるので、

引くに引けないヒュッレム。

 

しかし宦官長が医師の診断を手配したことで窮地に。

 

うそがばれるのを覚悟して、仕方なく医師の診断を受けると、

まさかの本当の懐妊!

 

勝ち誇るヒュッレム。

驚く後宮の人々と、皇太后。

 

仕方なく皇太后は、ヒュッレムの懐妊を受け入れ、皇帝の血筋を守る道を選ぶ。

 

ヒュッレムの懐妊は、すぐにマヒデブランの知るところとなり、

マヒデブランは嫉妬心と焦りから、毒薬を握り締める…

 

オスマン帝国外伝シーズン1の1~10話の感想!

↓↓オスマン帝国外伝は、Huluだけの独占配信。Huluの14日間無料お試し登録は以下のリンクからどうぞ!

公式サイトはこちら
まぁ、総括して言えば…

いや、老婆心から言わせてもらうとね、ヒュッレム、いちいち調子に乗りすぎwww

 

脳ある鷹は爪を隠すっていうでしょー?

トルコではそんなことわざないのかい?

 

あんなにスグに高慢ちきな態度に出てたら、そりゃーマヒデブランじゃなくても敵対視するよ。

 

もっと控えめに静かにしてたらいいのに。

で、皇太后の機嫌とって後宮での地位を確保するのが本当に賢い女だよね。

ニギャールがいい!

出典元:https://www.imdb.com/title/tt1848220/mediaviewer/rm1727732224

ニギャールの立ち居地は、ヒュッレム付きの指導係って感じかしらね。

 

側女でもなく、若く綺麗なのにその知的な役割には、どうやったら立てるのかしら。

他の、時間をもてあましまくってる奴隷の女性たちにも、もっとガンガン手伝わせれば良いのにね。

 

そこにはなんらかのヒエラルキーの差があるようで、そこが気になっちゃう。

 

しかし要所要所でヒュッレムに賢い助言をしているにも関わらず、ヒュッレムにほぼ無視され続けてるのがかわいそう。

 

頭がよくて忍耐強いなんて、素敵ですよ、ニギャールは。

マヒデブランが薄幸すぎる

男の人って、1人の女に3年で飽きるって言うよね。

1児があっただけで幸せ…とは割り切れないよね。

だってヒュッレム、鼻につきすぎww

 

堂々と子供っぽく敵対視してくるヒュッレムに対して、堂々と子供っぽく対応するマヒデブラン…

どっちもどっちだwww

後宮の女性は皇帝に愛されない限り日の目を見ないから、日陰のみになっていくのはかわいそうだけど、子供がいるから生きがいはあるよね。

 

毒とか殴るとか、他家へ嫁とかあくどいこと止めて、ハティジュみたいにつつましく暮らすといいと思う。

 

てか、指輪とって殴って牢屋に閉じ込めて…

やりすぎでは?w

マヒデブランの付き人もかわいそう

一番かわいそうなのは、マヒデブランの付き人の女性です。

 

マヒデブランの子供っぽい嫉妬や嫌がらせの、

いちいち実行犯をさせられて、いつでも命が危ういww

 

主人のマヒデブランの言うことをきかないわけには行かないしね。

ハティジュとイブラハム

小姓頭のイブラハムと、皇帝の妹のハティジュ。

見詰め合う瞳が熱すぎて、密やかな恋…と思いきや、

お前らバレバレやんけw状態の2人。

 

もう、はやく皇太后様とスレイマン兄ちゃんに打ち明けて、結婚させてもらいなよーって思います。

 

ラブレターをこっそり渡し合うターンが長すぎw

もうちょっとハイターンで恋愛進めてほしいわ。

 

やーっと戦争が終わって、こっそり庭であって恋愛が進む!と思ったら、

まさかの「誌の朗読」始めちゃったし。

中学生かいwww

同郷のマリア

後宮で、ヒュッレムの唯一の味方のマリア。

マリアが出てくると、なんか安心できます。

 

女学生みたいにマリアとヒュッレムがキャッキャしていると、まだ2人とも10代?幼いんだなって実感します。

 

しかし10話でマリアもこっそりとイスラム教に改心してるから、今後後宮争いに食い込んでくる予感。

調理場のぽっちゃり系

ちょいちょいストーリーの合間に出てきては、いっつもつまみ食いしている調理場のオデブさん。

 

これ、日本のドラマ「大奥」にでてくる「美味でございます~」の3人組の役割だwww

 

どういうこと?

トルコのドラマ制作社が、まさか日本の「大奥」をチェック?

 

いや、あまりの後宮のドロドロに、やっぱり「目の保養」「心の保養」がほしくなるって考えたんでしょう。

視聴者に優しいオデブちゃんです。

オスマン帝国外伝・シーズン1【11~20話】あらすじネタバレ

 

まとめ

↓↓オスマン帝国外伝は、Huluだけの独占配信。Huluの14日間無料お試し登録は以下のリンクからどうぞ!

公式サイトはこちら
 

オスマン帝国外伝は、どちらかというと韓国ドラマみたいに、わかりやすいいじめや嫉妬があらわになってる感じです。

日本の大奥は、もっと内に秘めた憎しみや嫉妬が、なかなか表に顔を出さなくて、誰が敵かわからない…みたいな不気味さがあったけど、こっちは敵がハッキリしている。

主演のヒュッレムの演技もかなり露骨でオーバーアクション。

それでいて、画面にひきつけられるのは、オスマンという国の宮廷風景や衣装の高い再現性かな~と思います。

 

以下の記事もご覧ください!

シーズン1の11~20話シーズン1の21~30話シーズン1の31~37話シーズン1の38話~42話シーズン1の43話~最終話シーズン2の1~5話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です