胃が痛くなるドロドロ系海外ドラマ『トップ・オブ・ザ・レイク』の気になるシーズン2のネタバレと、

最新の役者さんや裏話情報もお楽しみください!

蓮

海外在住の方の協力を得て、先にネタバレ内容を記事にしました。

ネタバレ多数なので、まだ見てない方はココまでですよ。

 

セクハラ・売春宿・娼婦たち・レイプなど、様々な思いテーマなので、苦手な方も多いと思います。

『トップ・オブ・ザ・レイク』を見られる動画配信サービスは?

Hulu:月額1,007円、2週間無料お試し⇒Huluの公式ページはこちらから

蓮

他のサイトでは「dTV」や「TSUTAYA TV」でも見られるとなっていたけど、見つけられませんでした。シーズン2の配信も見越して、Huluがおすすめですよ!

※最新の動画配信内容は、随時入れ替わっております。急な配信停止もあるため、登録前にご自身で必ず確認してくださいね。

『トップ・オブ・ザ・レイク』の概要

『トップ・オブ・ザ・レイク』はBBCが製作したサスペンス・クライムドラマで、シーズン1は2013年に放送が開始されました。

 

監督と脚本を担うのは『ピアノ・レッスン』で独創的な世界観を描写し、女性監督として初のカンヌ国際映画祭パルムドール賞を受賞したジェーン・カンピオンです。

 

本作は、新たな視点で女性を取り巻くリアリティを巧みに描き、エミー賞8部門にノミネートされる等話題を集めています。

 

主人公のロビン・グリフィンを演じたエリザベス・モスはシーズン1放映後2014年第71回ゴールデン・グローブ賞のミニ・シリーズ・テレビ映画部門で主演女優賞を獲得。

蓮

そう、あの「ハンドメイズテイル」のエリザベスモスです!

いまや海外ドラマ界の女王と言っても過言ではない!

圧倒的な演技力で絶望の世界にも意志を感じさせてくれるエリザベス・モスの名演技を再びご覧ください!

>>ハンドメイズテイルシーズン1のあらすじはこちらから!

 

更に、2018年第75回ゴールデン・グローブ賞の作品賞に

『トップ・オブ・ザ・レイク チャイナガール(シーズン2)』がノミノート

 

日本でも2018年にシーズン2が放送されました。

 

『トップ・オブ・ザ・レイク』の見どころ

警察もお役所であり男性社会なため、

部下からもセクシャルハラスメントを受けるロビンの日常を赤裸々に描写。

 

そして売春宿でお金のために性を売る女性たちの死を発端にした、

違法な代理母の問題にも鋭く切り込んだシーズン2。

 

明るく笑うアジア人娼婦達の表情に暗さは無くても、祖国を出た背景にある金銭的困窮や社会の不公平さを描きます。

 

また、エリザベス・モスに扮するロビンはレイプの被害者の役ですが、男性不信に陥るという有りがちな展開ではありません。

 

ロマンスもあり、職場では男性刑事に劣らない度胸と知性で捜査に挑みます。

 

蓮

そのロビンの強さ、ひたむきさに、同じ女として「がんばれ!がんばれ!」って気付かないうちに奥歯をかみしめてみちゃってる自分がいます。

『トップ・オブ・ザ・レイク』シーズン1あらすじ

ニュージーランドに住む病気の母親を見舞いに訪れたロビン・グリフィン刑事は、妊娠した12才の少女失踪事件の捜査に関わる事になる。

奇妙な町に隠された秘密を紐解くうちに自分の過去と向き合う事に。

やがて、消えた少女をめぐる衝撃的な事実が明らかになる…。

『トップ・オブ・ザ・レイク』シーズン2ネタバレあらすじ

シドニーで仕事に没頭するロビン

ニュージーランドの事件後、逃げるようにシドニーへ戻るロビン。

復職して仕事に打ち込み精神的安定を保とうと試みる。

新たな事件発生

ある日、人間の長い黒髪が隙間から出ているスーツケースが浜辺に打ち上げられた。

検死により、長期間水中に沈んでいたと見られる遺体の身元確認は困難だが、首を絞められた痕跡、そして被害者が生前妊娠していた事が判明。

胎児からDNAが採取される。

かみ合わないバディ

事件を担当するロビンは、上司から新人のミランダに経験を積ませるため一緒に捜査をするように命ぜられる。

しかし、妊娠していると言いながらミランダは喫煙し、聞き込みに行った先で情報提供に非協力的な従業員を脅す等規格外の行動で、2人の関係はギクシャク。

検死官から被害者の胎児と母親のDNAが一致しないと報告を受けたロビンは、違法の代理母を斡旋する医療施設を重点的に調べ始める。

ロビンの娘・メアリー

ロビンが15才の時にレイプされ、

妊娠して産んだ娘メアリー(アリス・エングラート)は、

養父母パイクとジュリアに育てられ、

もう少しで18才を迎えようとしていた。

 

同性愛に目覚めて夫のパイクと別居する養母のジュリアを嫌悪するメアリー。

メアリーは、娼婦宿の大家である二回り年上のアレグザンダーに夢中。

 

アレクサンダーと結婚するため、家に招く計画を立てた。

最悪の恋人アレグザンダー

しかし、ディナーの招待に現れ、

「女は男の奴隷」だと平然と述べたアレグザンダーの

挑発的な態度や狡猾さに、

娘に理解のあるパイクでさえも不快感を持ち、

ジュリア(二コールキッドマン)は怒りを隠せない。

 

その後、ジュリアは独自に調査をしてアレグザンダーが結婚している事実をメアリーに突きつける。

メアリーも堕ちる…

しかし、頑として聞く耳を持たないメアリーは家を飛び出してしまい、

挙句の果てにアレグザンダーの言われるままに売春を…。

 

怖くなり逃げ出したメアリーには行く所が無く、

実の母親であるロビンに連絡を入れる。

 

実の母と娘は心を通わせる時間を過ごすが、ロビンはアレグザンダーに危機感を募らせる。

事件に関わるアレグザンダー

ロビンとミランダは、

娼婦宿で働く複数のタイ人女性達が、

お金目当てに代理母をさせられている事を突き止めた。

 

ロビンに問い詰められたアレグザンダーは、自殺したタイ人娼婦の遺体がスーツケースに入れられ遺棄された事を明かし、

お前も代理母だろ」と吐き捨てる。

 

ホルスターから銃を抜いたロビンは、「メアリーはあんたなんて愛していない。彼女は怯えているだけよ」と冷たく言い放った。

襲われる売春宿

ある日、売春宿に出入りしていた青年ブレットは、スーツケースで発見された遺体が自分の好きだったタイ人の娼婦だと信じ、仇を討つために散弾銃を所持して乗り込んでくる。

女性たちが泣き叫び混乱に陥る中、アレグザンダーはメアリーを置き去りにして逃亡。

通報を受けた警察が駆けつけて辺り一帯を封鎖するが、ブレッドの姿は既にない。

包囲網が敷かれ、海水浴に来た群衆に紛れて砂浜に体を埋めて隠れていたブレットを、ロビン達はようやく発見するものの、ミランダがブレットに撃たれて危篤に…

一方、妊娠している代理母のタイ人女性達を連れ出したアレグザンダーは、海外逃亡を試みる。

メアリーはアレグザンダーに愛されてないことにやっと気がつき…。

 

シーズン2の新キャスト紹介

ニコール・キッドマン

◆ニコール・キッドマン(ジュリア・エドワーズ)
メアリーの養母。同性愛者となり別居したため、娘から猛烈な反発を受ける。
『ビッグ・リトル・ライズ』に出演する等、近年テレビドラマに意欲的。

アリス・エングラート

◆アリス・エングラート(メアリー・エドワード)
ロビンの実の娘。反抗期真っ盛りでジュリアを目の仇にする。
本作の監督を務めるジェーン・カンピオンの実の長女。

デヴィッド・デンシック

◆デヴィッド・デンシック(アレグザンダー)
メアリーを手玉に取る年上の恋人で娼婦宿の大家。
イギリス映画『裏切りのサーカス』に出演し、MI6の役人を演じる。

グェンドリン・クリスティ

◆グェンドリン・クリスティ(ミランダ)
・ロビンとコンビを組む巡査。長身で大胆な行動を取るが、実はとても女性的。
・『ゲーム・オブ・スローンズ』で人気のブライエニーを演じている。

 

トップオブザレイクの実力派女優達の出演

ニコール・キッドマンの見どころ!

これまで多くの映画に出演し米国アカデミー賞や英国アカデミー賞の主演女優賞を受賞したニコール・キッドマン。

 

彼女は、テレビのサイズに合わせた演技のサイズ変更をいとも簡単にこなしています。

蓮

改めて51歳とは思えない柔軟性と、美貌をまじまじと見入っちゃいました。

神経質に苛立つ母親が年の離れた娘の恋人を見下し拒絶するという場面は、キッドマンの上手さが際立っている超見どころ!

アリス・インラートの演技力!

また、特筆すべきはメアリーを演じるアリス・インラートの存在感!

 

物語を通して重要である役どころを見事に演じており、将来有望な俳優と言われるのにも納得です。

エリザベス・モスの裏話!

そして、主人公ロビンを演じるエリザベス・モスは、先ず『マッド・メン』で注目を集め、『ハンドメイズ・テイル』でエミー賞の主演女優賞を受賞。

 

その後は活躍の場がテレビドラマと認知されています。

 

しかし、彼女の演技力は舞台でも高い評価を得ており、2015年ブロードウェイの『ハイジ・クロニクル』に出演し、数々の名優達が受賞しているトニー賞にノミネートされています。

 

柔らかさと気迫を両方兼ね備えるロビン役は、本人のモスも「チャレンジだった」とインタビューで話してます。

 

トップオブザレイクの撮影秘話

12才の時からカピオンのファンだと公言しており、本作のシーズン1を欠かさずに観ていたと語るミランダを演じたグェンドリン・クリスティ。

 

一方カピオンは脚本を執筆するに当たり、クリスティを念頭にミランダという登場人物を敢えて追加しています。

 

また、アリス・エングラートは役作りのためにメアリーとしての日記を書き、父親役のユエン・レスリーとテキストメッセージ
を交換して親子関係の雰囲気を築いたと明かします。

 

『トップ・オブ・ザ・レイク』シーズン2は、女性クリエイターによる様々な女性を取り巻く個々の問題を描いた物語。

 

この様な趣向のドラマが現状少ない中、予測できない展開と出演俳優達の演技力により批評家からも評価を得ています。

 

まとめ

  • 『トップ・オブ・ザ・レイク』のシーズン1はHulu で配信。
  • 脚本は「ピアノ・レッスン」のジェーン・カンピオン。
  • 主演はハンドメイズテイルのエリザベス・モス!
  • 『トップ・オブ・ザ・レイク』は、セクハラ、売春、代理母など、現実的に女性が抱える問題にリアルに焦点を当てたドラマ。
  • 『トップ・オブ・ザ・レイク』のシーズン2には、ニコールキッドマンも出演!

シーズン2が日本に上陸する日が待ち遠しいですね!

以下の記事もご覧ください。