ウォーキングデッド・シーズン10の4話のあらすじネタバレ!アルファの怒りの理由

ノーマンリーダス 来日

生ごみを捨てるときに、「ウィスパラーズたちは皮をかぶるとき常にこの臭いにさらされてるんだろうな…」と想像してる蓮です、こんにちは!

ヒトの皮をかぶって生きる…そこまでして生きる意味はあるの?

と思うのだけど、ウィスパラーズのアルファの生きる意味は、私たちの想像をはるかに超えてる感じがして、理解しにくいです…

そのアルファに密着したウォーキングデッドのシーズン10もいよいよ4話!

放送日は…

ウォーキングデッド10の4話…10月28日!

キャロルとアルファの対決の行方がどうなっていくのか、海外サイトをみて4話のあらすじネタバレ紹介いたします!

 

ウォーキングデッドシーズン10もFOXチャンネルで最速で見られるのはU-NEXTHulu

↓↓Huluの14日間無料お試し登録は以下のリンクからどうぞ!

公式サイトはこちら

ウォーキングデッド・シーズン10の4話のあらすじネタバレ!

エゼキエルとミショーン

王国を失い傷心したエゼキエル。

その上、ウォーカーの大群でヒルトップも襲われ続けていて、明日もしれぬ運命だった。

また、キャロルも去ってしまったことで、エゼキエルは落ち込んでいた。

一人で森の中へ姿を消すエゼキエルを、心配して追いかけたミショーン。

落ち込んだエゼキエルは思わずミショーンにキスをするが、すぐに我に返る。

「また落ち込んだら一人で抱え込まないで、相談して」というミショーン。

リディアへのレイプ

町の人たちは、ウィスパラーズの攻撃に疲弊しきっていた。

疲れのいらだちは、ウィスパラーズのボス・アルファの娘のリディアに向けられた。

仲間の死をリディアのせいにし、嫌がらせやいじめを繰り返す。

リディアは果敢にいじめに立ち向かうが、暗闇に乗じて襲われ、暴行を受ける。

ニーガンが殺人

すんでのところでリディアを助けたのはニーガン。

ニーガンはリディアを助ける際に、はずみでいじめグループの一人を殺してしまった。

「ニーガンがまた人を殺した!」と町の人たちも集まり、騒ぎだしてニーガンは再び監禁されてしまう。

「ニーガンによって助けられた」というリディアだが、街の人はニーガンの処刑を求めていた。

町の人にとってニーガンもリディアもはみ出し者で、「仲間」ではなかったのだった…。

リディアを助けたことで、牢をおとずれて初めてニーガンと向かい合うダリル。

ニーガンには殺人鬼の面影はなく、ダリルに近い思考で、極めて人間らしい意見を述べ、ダリルは困惑した。

ニーガンの処罰

ニーガンの処遇を委員会で決めることになった。

ミショーンは不在のため、ダリルに一任し、ダリルは処刑に反対。

同票で決議は翌日のゲイブリエルの決定に持ち越された。

しかし翌朝ゲイブリエルが降りの中を見ると…そこにニーガンの姿はなかった。

セディクは囁き声を聞き続ける

セディクは引き続きウィスパラーズにつかまった時のささやき声を聞き続ける。

ヒルトップにウォーカー侵入

大量のウォーカーによって、ヒルトップの壁の一部が破られた。

人は夜通しウォーカー対峙をし、何とかしのいだ。

マグナとユミコ

町になだれ込む大量のウォーカーに、壁の外で対応するマグナ一向。

壁の補強を終えて、壁の中に戻ろうとするが、マグナはもっとウォーカーを倒すべきだと壁の外にとどまろうとした。

が、ユミコによって壁の中に引き戻され、燃焼しきれない思いを抱えていた。

「ウォーカーをもっと倒せたのに」とユミコに突き付ける。

リディアの決心

リディアは「自分がニーガンを逃がした」とうそをついて、自ら牢に入っていく。

ダリルは「リディアは部屋から出ていないからちがう」というが、リディア自身が罪を背負って牢に落ち着いてしまった。

「ママは言った。優しい顔をしている町の人たちはマスクだ、と。不安が押し寄せるとターゲットを見つけてみんなで攻撃を開始する。私や、ニーガンはターゲット」

そして、外よりも牢の中の方が安全だからと、牢に入って出てこなくなってしまった。

感想

リディアが不憫でなりません。ヘンリー亡きあと孤独を抱えてずっとこんな目に合ってきたのだとしたら、不憫です。

ダリルがいい父親になって、大げさなくらいかばって大事にしてあげてほしい。

ダリルはダリルで、キャロルの不調を心配して…

ダリルと、キャロルと、リディアで家族になってほしいで、これはもう!

そしてミショーンがいつ退場するのかもドキドキしちゃいます。

ウィスパラーズってそもそも何?宗教?

ウォーキングデッドのシーズン10が始まってから、ウィスパラーズってそもそも何?と思うようになりました。

今まで出てきたウォーキングデッドの敵たちは…

ダリルたちの今までの敵
    • シーズン4…総督ガバナー
    • シーズン5…ドーン
    • シーズン7…ニーガン
    • シーズン9…アルファ

こうやって見ると、ガバナーとニーガンは似ています。我こそはと自分が王に君臨して、人々を管理支配する代わりに生命を守り統治する感じね。

ドーンは「うっかり生き残っちゃった感」でボスの器ゼロ。どこかの残存した強い勢力にそのうち合併吸収されそうです。

アルファは…シーズン10の2話でも言ってたけど、アルファは人々を支配したいわけじゃないんですよね。

アルファはウォーカーと同じように、何も考えずにただ、漂うことこそ、正しい生き方なのだと悟ったんです。

アルファは日々の食事以外、ほぼ何も持たずにさすらっています。

ウィスパラーズとは文字通り、何も考えず大地をさ迷い歩き、囁くだけの集団…

アルファは「どうやって生きたいの?」

Technology didn’t work. The way everyone’s existed to cell phones? It didn’t work back then. Technology was messing everything up, so Alpha wants to live in the woods and take ayahuasca and be feral, in a way. That’s nature. It’s better than the way human beings have been living, whether it’s globalization or capitalism. She’s like a fucked-up eco warrior. (Laughs.) She thinks that at the end of the day, everyone has wars. She just wants to live — weirdly, peacefully, as a Whisperer.

引用元:the Hollywood reporter

アルファの生き方は、実はすごくシンプルです。

アルファはこの世界を、なるべく穏便に娘とともに生きていきたいだけ。

「え、普通じゃん」と思いますよね。

その「普通」を叶えてくれないのがウォーキングデッドの世界…

現代の私たちが生きるテクノロジー社会は、上手くいきませんでしたよね。ウォーカーの世界になって、一気に文明退化したからです。

テクノロジーが消滅し、自然と森の中で生きる道を選ぶことが、アルファにとってはナチュラルだったんです。

ウォー引用元:the Hollywood reporterカーのように何も考えず、本能(?)のままに漂うことに「この世界の生き方」を見出したアルファは、それこそが「正しい生き方」なのだと提唱する、宗教のトップみたいなものです。

生きるためにアルファに追従する人々の多さが、宗教の力を強めてますよね。

アルファがダリルたちを攻撃してくる理由

People who lose their children to religious cults will understand that it’s not just that you lose them physically. You’ve lost their minds. That’s more frightening to Alpha than the physicality. For Alpha, she genuinely believes the way it is in “civilization,” for want of a better word, it really just did not work.

引用元:the Hollywood reporter

じゃあなんで、アルファはダリルたちに攻撃してくるのか?

理由は明白です。

アルファの目的は、この世界を何も考えずに死人とともに漂い、娘とともに生きていくこと。

その娘リディアが、アルファから離れたのがシーズン9。

もしも娘がウォーカーに殺されたり、誰かに殺されていたら、アルファはそのまま死人として囁きながら生きていけたでしょう。

けど、リディアは「自らの意思」でアルファの元を去りました。これこそ、アルファがダリルたちを許せない理由なんです。

アルファの掲げた「この世界で生き延びる正しい生き方」を、あろうことか娘に真っ向否定されたのですから。

だからアルファの目的は「リディア自身が、この世界ではウィスパラーズとして生きるのが一番自然で正しい」と認めて戻ってくること。

…ただ、シーズン10の2話でも、ウィスパラーズのメンバーが言ってたけど、「向こうの(ダリルたち)暮らしがうらやましい!」と思うのも人間です。それは欲望かも知れない。物を持たずに自然に逆らわず生きるアルファたちだけど、心は人間。

人間として、愛とか情愛とかお祭りとか恋とかを求めたリディアが間違ってるとは、思えません。

リディアはシーズン10ですごく苦しい立場。自分の存在ゆえに、ヘンリーやタラが殺され、相変わらずウィスパラーズの存在におびやかされ続けているんですから。

ウォーキングデッドのシーズン10で、リディアがどのように行動していくのか。これも見どころの一つとなりますね!

アルファとキャロルは同じ?

  • 娘が自ら離れていってしまったアルファ
  • 息子をアルファに殺されたキャロル

一見加害者と被害者の構図なんだけど、この2人はちょっと似ています。

「この世界で子どもと無事に生きていくためにはどうすればいいか」を追求したって点で。

2人とも中心に「我が子」がいるんです。そして2人ともウォーカーのいるこの世界をいち早く受け入れて認めた。

ただ、息子を一方的に殺されたキャロルは、それが「自然の法則」だなんて思いませんよね。アルファに殺されたんです。そしてアルファの生き方や主義などどうでもいい。単に「恨みを晴らす」ために戦います。

アルファの方も、娘に背かれたことでぐらつく、自分の生き方の信念を曲げて、「娘を誘惑した憎い奴ら」として恨みを晴らすために仕掛けてきます。

2人とも「母」としての「恨み」からの戦い。

真っ向勝負の火ぶたは、これから切って落とされます!

 

ウォーキングデッドシーズン10もFOXチャンネルで最速で見られるのはU-NEXTHulu

↓↓Huluの14日間無料お試し登録は以下のリンクからどうぞ!

公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です