ウェントワース女子刑務所・ジェイクの役者さんプライベートで○○?!!

ウェントワース女子刑務所、シーズン3から出演しているジェイクを嫌いな方はたくさんいそうですよね…。

ファーガソンの下で悪行に手を染め続けてきて、ウェントワース女子刑務所のヒロイン(?)ヴェラをだまして付き合うという行為に「うぇ」と来た方が多いと思う。

わたしもずっと嫌いだったけど、シーズン7のラストにちょっとだけ好きになりました。

ウェントワース女子刑務所のシーズン8では、ちゃっかりいいパパに収まっていそうなジェイクについて、役者さん情報をまとめてみました!

ウェントワース女子刑務所はHuluで見るのが一番です!無料期間がなくなる前に、14日間おためしをぜひ!

公式サイトはこちら

ウェントワース女子刑務所のジェイクを演じているのは?

この投稿をInstagramで見る

 

Bernard Curry Fan(@bernardcurryfan)がシェアした投稿

  • 名前:バーナード・カリー(Bernard Curry)
  • 生年月日:1974年3月27日、オーストラリア・メルボルン
  • 過去出演作:NCIS〜ネイビー犯罪捜査班、CSI:科学捜査班

刑務所の看守なのに麻薬の売買に手を染めたり軽犯罪を犯してしまったり、騙していたヴェラを好きになったりファーガソンに利用されたり…悪人のような気の毒な人のような、悪にも善にも染まりきれない看守役を演じるのはオーストラリア人俳優のバーナード・カリー。

 

オーストラリア・メルボルン生まれで3人の兄弟と姉(または妹)が1人いる5人兄弟の家庭で育ちました。バーナード以外の兄弟も皆演劇に関わっているそうです。(現在もご兄弟皆が芸能関係のお仕事をしているのかは不明です。)幼少の頃から兄弟と一緒にアマチュア劇場に参加。兄弟の中では一番先に本格的に芸能活動を始めたのがバーナードでした。短編映画の「Get Real」に出演し、初めて役者としての給与をもらったのだそう。この作品には、ウェントワースで共演しているSally-Anne Upton(ルーシー役)も出演していました。

 

兄弟のアンドリュー・ステファンと一緒に食品のテレビコマーシャルに出演したり、ニンテンドーのCMへの出演歴もあります。

 

バーナードは1985年から放送されているオーストラリアの昼ドラ「Neighbours」にルーク・ハンドリー役で出演し、お茶の間の知名度を上げました。バーナードの出演は1995年から1996年にかけて1年間のみだったのですが、10年後の2005年にまた再登場しているんですよね。シリーズ20周年の記念回に再登場したのだそうです。

 

この「Neighbours」という昼ドラ、オーストラリアで最も長く放送が続いているドラマなんです。ウィキで確認してみたところ、現在までに放送されたエピソード数は8,384話!地元オーストラリアはもちろん、イギリスでも大人気のドラマで長く放送が続いています。

 

話をバーナードの経歴に戻しますね。2002年ABC局のコメディードラマ「Flipside」では、キャストとして出演しつつライターの一人として制作側にも携わりました。同年にはアメリカのテレビ映画「Junction Boys」に出演。長編映画「Puppy」(2005年)やテレビ映画「The King」(2007年)に出演し、Nine Network局のコメディーシリーズ「モンスターハウス」では司会も務めました。

 

2008年にはイギリスBBC局の昼ドラ「Out of the Blue」に出演。地元オーストラリアだけでなく、アメリカやイギリスのドラマや映画にも出演しているんですね〜。仕事で長く海外に滞在していた時期はとても辛かったとバーナードは話しています。家族と離れ離れになり、奥様やお子さん達に会えなかったのが辛かったようです。

 

2009年〜2010年にかけてヒューゴ・オースティン役で出演した昼ドラ「Home and Away」もバーナードの代表作の一つと言えるでしょう。最近では、ウェントワース女子刑務所の他に犯罪捜査ドラマの「My life is Murder」(オーストラリアで放送されているドラマシリーズ)に刑事役で出演中です。

バーナード・カリーのプライベートは?

プライベートライフの方はというと、すでに結婚していて奥様のソーニャさんとの間にフォックス君とバンジョー君という名前の2人の男の子が誕生しています。

 

フォックス君は高機能自閉症とADHD(注意欠陥・多動性障害)の診断を受けていて、バーナードはインタビューの中で、息子はおそらくODD(反抗挑戦性障害)も持ち合わせているだろうと話しています。発達・情緒障害を持ち合わせたお子さんの子育てはとても苦労が多いようですが、奥様や次男のバンジョー君と力を合わせて、家族みんなで前に進もうと頑張っているようです。

蓮

俳優としても素敵な方ですが、お子さんと向き合い積極的に育児をしている一人のお父様・一人の人間としても、素敵で立派な方だなぁと思いました。

バーナード・カリーのトリビア情報!

こちらの記事によると、バーナードは兄弟(テレビCMに一緒に出演したことがあるステファンとアンドリュー)と一緒にオーストラリア・ゴードンにある家族の所有地をリノベーションしているのだそうです。屋外で火を起こしてベーコンと卵を調理し朝食をとった後、近くのお店まで散歩して新聞を買い、家族の所有地付近で冒険的な活動を始める前にお茶を飲みながら新聞を読むのが土曜日の習慣になっているそうです。(どんな冒険をするんでしょうね?)

 

ゴードンの所有地の他に、メルボルンのライという場所にもファミリービーチハウスを所有しているそうです。サマーシーズンにはそちらの家で過ごすことがあるのかもしれません。

 

彼のイマージェンシー・スナック(急にお腹が空いた時のおやつかな?)は、冷凍バナナ・ベリーと・ヨーグルト・プロテインパウダー・生卵を混ぜたプロテインシェイク。俳優という仕事柄、体型にも気を使っているのだろうなと思いますね。

 

得意料理は、カボチャ・ほうれん草・セージのリゾット。始めにカボチャをローストしてカラメル状にするのだそうで、結構手が込んだレシピを作っているんですねー。仕上げにパルメザンチーズとヤギチースを乗せるそうです。美味しそう♪

 

家庭で幸せに感じる時間は、バーナードが夕食の準備をしている間に、仕事から帰宅した奥様と一緒にピノ・ノワールワインを飲んでいる時、だそうです。夕食は家族みんなで一緒に食べるそうです。素敵なご家庭ですよね。

 

そしてバーナードの特技はDIY!家にあるものならなんでも修理できるんですって。

参考サイト:https://en.wikipedia.org/wiki/Bernard_Curry、https://www.realestate.com.au/news/bernard-curry-reveals-the-stories-behind-some-of-his-favourites/、https://www.the-father-hood.com/article/dont-try-to-deal-with-it-all-on-your-own-actor-bernard-curry-on-bringing-up-a-child-with-autism/

ジェイクってどんな役?

ウェントワース女子刑務所のジェイクは…最悪ですwシーズン2からの出場で、ヒール役にもなり切れない中途半端な子悪党って感じです。

麻薬の密売や隠ぺいや殺人や詐欺…ウェントワースのヒロイン(?)ヴェラをだまして付き合い子どもを作り、今は「人を変えて」ヴェラにまとわりつく、かなり嫌な奴です。

シーズン7のラストではヴェラの赤ちゃんを抱っこさせてもらってちょっとだけ見直したけど、シーズン8でちゃっかりヴェラの夫とかに収まってたら嫌だぁ…という半端な立ち位置。

シーズン8で一気に「良い奴」としてポジショニングできるかどうかにかかっていますね。

ファーガソン戻ってくるし、多分無理ですが…w