ウェントワース女子刑務所のスカイ・キム・マキシンは降板?役者さん情報も!

ウェントワース女子刑務所、シーズン2からはファーガソンに振り回されっぱなしですが、主役級のキャスト以外にも魅力的なキャラがたくさんいますよね。

今回は、私が一番気になるマキシーンの復帰があるかどうか?

可愛かったスカイは何で突然いなくなったか?

もとフランキーの恋人のキムはどんな役者さん?

と気になった3人について調べてみました。

↓↓ウェントワース女子刑務所は全動画見放題のHuluから見るのが一番です。

公式サイトはこちら

ウェントワース女子刑務所のスカイは降板?

スカイはシーズン2のみに出演していました。英語で色々検索してみましたが、特にスカイ役の女優が制作側とトラブルを起こして降板になったというようなニュースは見つかりませんでした。詳しいことは分かりませんが、おそらく当初から1シーズンのみ出演という予定だったのかなという気がします。

 

ウェントワース女子刑務所内で生き残って強い立場になって行く場合、やっぱりジャンキーだとダメなんだと思うんですよね。ビーやフランキーも薬は絶対使用していませんでしたよね。そして強い立場のボスはジャンキーを側近として置いておきたくないと思うんです。というわけで、薬漬けだったスカイはそもそもそんなに良いポジションにはたどり着けないキャラだったというか・・・最初から長く出演する予定がなかったキャラなのかな?という感じがします。

 

スカイの役者さん情報

この投稿をInstagramで見る

 

wentworth_prisoner_fan74(@wentworth_prisoner_fan74)がシェアした投稿

  • 役者名:Kathryn Beck(キャスリン・ベック)
  • 生年月日:1986年3月1日
  • 出身地:オーストラリア・クイーンズランド州ブリスベン

フランキーに懐いている麻薬中毒の女囚スカイ・パーソンを演じたのはオーストラリア人女優のキャスリン・ベック。シーズン2のみに出演していた短命キャラではありましたが、強烈なキャラを持つ女囚たちの中では若手で可愛くて、細身の体から独特の声で話すキャラが印象的でした。

 

キャスリンはオーストラリア・クイーンズランド州ブリスベンで生まれ、レッドランドシティ郊外の町ウェリントン・ポイントで育ちました。アレクサンドラ・ヒルズ州立高校を卒業し、クイーンズランド工科大学で演劇を学んだそうです。

蓮 はてな

(工科大学に演劇の専攻があるってとっても珍しくないですか!?)

キャスリンはオーストラリアのケンタッキーフライドチキンのキャンペーン広告などに採用されたのち、1988年から現在まで続くオーストラリアの昼ドラ「ホーム・アンド・アウェイ」のシーズン20(2007年)に出演します。ホームアンドアウェイには4エピソードのみの出演でしたが、翌年2008年にはオーストラリアのテレビドラマシリーズ「East Of Evenin」にメインキャストとして出演しました。

同じくオーストラリアの医療系ドラマ「All Satints」やコメディドラマ「Puberty Blues」などに出演。さらに、1985年から続くこれまた長寿昼ドラの「ネイバーズ」にもシーズン29から30にかけて、16話に出演しています。

オーストラリア映画にも何本か出演していてネル・マクレガー監督の長編映画「リトル・ティングス」では主演を務めました。

キャスリンはすでに結婚していて、お嬢さんが一人います。彼女のプライベート情報はあまり多く見つかりませんでしたが、キャスリン・ベックで検索すると彼女がアメリカ・カリフォルニア州で起きた大規模な山火事の被害に遭ったというニュース記事がいくつか見つかりました。

オーストラリア人のキャスリンですが、当時は家族と一緒にアメリカに住んでいたみたいです。あのカリフォルニアの山火事では、セレブが多く住む地域にも避難勧告が出てレイディー・ガガやキム・カーダシアンも避難したというニュースを聞きましたから、キャスリンも避難しなければならなかったセレブの一人だったのかもしれません。

火災が大きくなり避難しなければならなくなった時、旦那様は不在でキャスリンは4ヶ月になったばかりの赤ちゃんと二人きりでした。避難する際旦那様に電話をして、「何か持ち出した方が良いものはある?」と尋ねると、「いいからとにかく逃げろ!」と言われそうです。後からパスポートを家に置いてきてしまったことに気がついたらしいですが、火事の時はとにかく逃げる!命が最優先!とアドバイスした旦那さんが正しかった!

キャスリンとお嬢さんが無事で何よりです。

参考サイト:https://en.wikipedia.org/wiki/Kathryn_Beck、https://www.who.com.au/neighbours-actress-kathryn-beck-flees-californian-fires、https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-6379515/Neighbours-actress-Kathryn-Beck-forced-flee-Malibu-home-fires-ravage-area.html

ウェントワース女子刑務所のキムは降板?

フランキーと恋人のような関係を築いていたキム。フランキーがボスの座に君臨していた時はフランキーの弱点と考えられていたこともありましたね。シーズン1〜5までの出演となり、シリーズからいなくなってしまいました。キム役の女優さんが何か問題があって降板したのかどうか、ネットで検索してみましたが特に情報は見つかりませんでした。

やっぱりフランキーとの関係が強かったキムなので、フランキーがシリーズからいなくなってしまった今、キムだけが復帰というのは考えにくいですよね。

蓮 驚き

フランキーがブリギットと恋仲になってからは、嫉妬で堕落したり、せっかく退所したのにフランキーに会いに再び罪を犯して入所したりと、けなげな一面も見せていて気の毒でした…

参考サイト:https://prisonercellblockh.fandom.com/wiki/Kim_Chang

 

キムの役者さん情報

  • 役者名: Ra Chapman(ラ・チャップマン/韓国名:イ・ラギョン)
  • 生年月日:不明
  • 出身地:韓国

アジア系の女優さんなのかな?と思ったら、やっぱり!キムを演じたラ・チャップマンさんは韓国生まれの方で、韓国の名前はイ・ラギョンさん。韓国で生まれ、オーストラリア人のご夫婦に養子として迎えられオーストラリアで育ったそうです。オーストラリアの長寿昼ドラ「ネイバーズ」への出演歴があります。

自身も養子として育てられた彼女は、現在海外養子出身の青年たちのグループ「韓国養子オーストラリアネットワーク」に参加していて、海外で養子として育てられている子供たちに演技を教え、養子の子達をサポートする活動を行なっています。

ラ・チャップマンに関する情報はあまり多く見つかりませんでしたが、彼女の公式インスタアカウントがあるので気になる方はインスタを覗いてみてくださいね♪

 

ウェントワース女子刑務所のマキシンは降板?

元男性でトランスジェンダーとして生きる囚人マキシン。シーズン2から出演し、大人気キャラとなりました。性転換手術が原因で乳がんを患い、治療のために他の刑務所へ移送されたということでマキシンはシーズン5でいなくなってしまいました。その後一体マキシンがどうなったのか、分からないままなんですよね…

蓮

ブーマーのためにも戻ってきてあげてほしい…

世界的なヒットドラマとなったウェントワース女子刑務所のマキシンという役は、LGBTやトランスジェンダーというテーマを上手に扱った作品として、非常に高く評価された一方で「トランスフォビア(性同一障害やトランスジェンダーに対する嫌悪感)」を持つ人たちからの批判があったことも事実のようです。

マキシン役がシリーズから消えたのは、LGBTやトランスジェンダーの人に対する差別感やトランスフォビアが原因ではという噂もありますが、事実ははっきりしていません。

マキシンを演じたソクラテスは、「マキシンという役を演じられたことを誇らしく思っている。」と話しています。

参考サイト:https://www.newidea.com.au/wentworth-scandal-maxine-actor-tells-shock-reason-why-i-was-really-dumped

マキシンの役者さん情報

  • 役者名:Socratis Otto(ソクラテス・オットー)
  • 生年月日:1970年5月5日
  • 出身地:オーストラリア・シドニー

マキシンを演じたのはオーストラリア人俳優のソクラテス・オットー。ギリシャ系移民の第1世代としてオーストラリアで生まれました。クリエイティブライティングや文学を勉強したのち、国立演劇研究所(NIDA)で演技を学び2001年から俳優として活動を始めました。彼の初出演作はシドニーシアターカンパニーの劇場作品「Salt」でした。

子供向けテレビシリーズの「Outriders」(2001年)やドラマシリーズ「Young Lion」(2002年)などにメインキャラとして出演。ドキュメンタリードラマの「Darwin’s Brave New World」では主演を務め、オーストラリアで長く長く続く昼ドラ「ホーム・アンド・アウェイ」にゲスト出演するなど、オーストラリアのテレビや映画に多数出演しています。

キアヌ・リーブス主演で日本でも大ヒットした「マトリックスリローディッド」にも出演しているんですよ!

マトリックスへの出演がきっかけとなり、その後「X-Men Origins:Wolverine」(2009年)「The Rage in Placid Lake」(2003年)「 Beautiful 」(2009年)などのハリウッド映画にも出演が決まったそうです。

ソクラテスは自分のプライベート情報はほとんど公開していないようです。ウェントワースで演じたマキシン役の印象が強烈だったせいもあってか、ファンの間では彼はゲイなのでは?という噂が結構信じられていたようですが、インタビューの中でソクラテス本人が自分は女性が好きと言っているのでゲイではないようです。もしかしたら既婚者かも?という噂もありますが、確定情報はありませんでした。

蓮 はてな

恋人や奥様がいるのか、謎なんですよね〜。

仕事がオフの時には、バーやクラブで友達に会うのがソクラテスの好きな時間なのだそうです。

参考サイトhttps://en.wikipedia.org/wiki/Socratis_Otto、https://www.thefamouspeople.com/profiles/socratis-otto-42270.php