• ウェントワース刑務所・シーズン2でビーの女優さんが整形したって本当?
  • ウェントワース刑務所シーズン2のあらすじ・ネタバレ・感想!

オーストラリアの大人気ドラマ・ウェントワース刑務所の、シーズン2の見どころとあらすじを紹介していきます!

ネタバレ多数なので、ご注意を!

大人気シリーズドラマ「ウェントワース刑務所」を、一気に見ちゃって寝不足です笑

 

>>ウェントワース女子刑務所をHuluで一気見する方はこちら!!

まさか自分がこんなにはまるとは…

面白すぎてとまらない!

 

刑務所という場所ゆえの、集団心理や頭脳戦がたまりません!

 

それもこれも、

ビーとフランキーというタイプの違う2人のカリスマが、

ボスの座をめぐって争う戦いがたまらないんです!

 

そこに女帝のファーガス所長も加わって、まさに心理的ガチンコ勝負!

 

こんなに面白い海外ドラマがあったなんて…

オーストラリアという国柄も、アメリカとは違う印象で日本人に受け入れやすい「わびさび」をはらんでいるような気もします。

 

以下ネタバレ大なので、ご注意くださいね!

 

ウェントワース刑務所・シーズン2でビーの女優さんが整形?

ウェントワース女子刑務所のシーズン1と2を両方見た方は、「おや?」と思ったはず。

 

そう、シーズン1に比べて、

シーズン2は明らかにビーが美しくなってるんです!

 

シーズン1のビー

シーズン1のビーはというと…

  • 肌の張りもなくしわしわ
  • 目の下はくま
  • 顔色もくすんでいる
  • 見るからにおばさん
  • 髪の毛もぼさぼさ
  • トレードマークの赤毛も染め方にムラあり

正直「え?この人が主人公?」って思いましたもん。

 

見始めのころはビーが途中で退場するって知らないから、

「この人で観客を引っ張れるんだろうか…。」ってね。

 

だからシーズン1ははっきりいって、

観客の視線はフランキーに釘付け。

 

フランキーはオシャレで奇抜で頭が良くて軽快でノリもいい。

 

美人で若いんですよ、フランキーは。

 

それに比べると、

美貌も存在感も、

フランキーに負けていたビー。

 

そんなビーが、シーズン2で生まれ変わります。

 

シーズン2のビー

シーズン2のビーは、こんなにも変化しました。

  • エステに行ったかのようにつるつるのお肌!
  • 思わず振り向く真っ赤にきれいに染まった赤毛
  • 髪もつるつる
  • 「すっぴん?」と覗き込みたくなるほど美人

え?同じ女優さん?って目を疑いたくなるほど、シーズン2ではビーが急にきれいになったんです!

 

思わず整形かと思ったけど、そんな記事は見つけられず。

失礼なこと考えちゃってすみません。

本当に劇的に美女に変身してたから、思わず整形を疑っちゃったのは私だけじゃないはず!

 

整形はないにしても、確実にエステは行っているはず!

 

髪もきれいに染まっています。

髪の毛のキューティクルのお手入れも万全。

 

刑務所内の地位が上がったから?

入所したてのビーはおどおどして気弱。

初めて飛び込んだ暴力の世界に戸惑います。

 

しかし刑務所内の「闇」システムに慣れてくると、

刑務所は快適に過ごせる場所みたいじゃないですか?

 

わたし入所したことないけど、ウェントワース女子刑務所のドラマを見ているとそんな空気を感じます。

 

そして、刑務所の中でスムーズに「化粧品」「ヘアカラー剤」なども入手できるようになってくるみたいなんです。

 

だから、ウェントワース女子刑務所のシーズン2でビーが突然きれいになったのは、

「刑務所内でのビーの地位が向上した」という製作者のサインかもしれません。

 

ボスゆえの風格?

ウェントワース刑務所のシーズン2のラストでは、

ビーがフランキーを倒してついにボスの座に!

 

シーズン1の「暗いおはさん」だったビーからは想像できないくらい、

自信に満ち溢れたカリスマ性を発揮します。

 

自信に満ち溢れて、そして守るものの亡くなった女性・ビー。

ただ一つの目的のためなら、手段を選ばずに巧妙に、先読みをしてたちまわります。

 

こうなったらもう、ボスのビーと同じ色に髪を染める囚人はいなさそうです。

 

ビーの赤毛はひときわ目立って、

フランキーに奪われっぱなしだった視聴者の目を、

やすやすと釘付けに!

 

シーズン2まで耐え抜いて、一気に形勢逆転!

刑務所内の力争い同様に、観客も簡単にビーの作戦にハマって、

いつの間にか「ビーこそ主役!」と認めざるを得ないことに。

 

女優さんってすごい!の一言です。

演技で地味女にもボス女にもなれるんだから。

 

ビーに倒されたフランキーは、

シーズン1のときの輝きを失って、

今度は裏方に退散。

 

…と思わせといて、

「きっとフランキーならば再びビーと張るくらい、力をつけてくるはず」

という視聴者の期待はよせられつづけるんですけどね。

 

ウェントワース刑務所シーズン2の新キャラ

シーズン2では、シーズン1からおなじみのキャラと、新たな強烈キャラで、更に面白く構成されています!

 

ウェントワース女子刑務所のシーズン2の、

まずは強烈なシーズン2の新キャラ3人を紹介いたします。

 

その後、シーズン1から出てたけど、

シーズン2で俄然存在感を増してきた「シモーヌ」と「ブーマー」の二人を紹介。

 

私のお気に入りは、トランスジェンダーのマキシーン。

時折みせる「女らしさ」がかわいくてたまりません!

>>Huluはこちらから!

マキシーン

 

View this post on Instagram

 

Hello Maxine Conway #maxineconway #actor #wentworth #prison #prisoner #australia #foxtel #showcase #comingsoon #season6 #in2018 #socratisotto @im_socratisotto

Wentworth Tv Seriesさん(@wentworthtvseries)がシェアした投稿 –

  • 役名:マキシン・コンウェイ(マキシーン)
  • 俳優名:Socratis Otto(ソクラテス・オットー)
  • 生年月日:1970年5月5日(47歳)

ウェントワース女子刑務所・シーズン2の新キャラで、私がもっとも好きなのは、トランスジェンダーのマキシーンです。

 

性転換手術をした後なので、女性刑務所に送られてきました。

 

内股で女口調ってだけで最初はみんなからかうんだけど、この人が意外とキーパーソン!

 

そう、マキシーンは刑務所内の物理的パワーバランスを、大きく傾けるんです。

 

シーズン1~2と、ムショ内のボスのフランキーも、いつもブーマーという大女と行動を共にしていますよね。

シーズン1のボスジャッカスも、シモーヌという腕自慢を用心棒につけていました。

フランキーにしたって、頭脳だけじゃ勝てません。

 

>>ウェントワース女子刑務所をHuluでシーズン1よりみたいかたはこちら!

 

暴力の支配する刑務所内で、

力をつけて身の安全を確保するために、

「喧嘩が強い」ことは大きなアドバンテージ。

 

だからボス格の人物は、喧嘩の強い仲間を作ることの重要性を知っています。

 

かつらをとられただけで泣いちゃってるマキシーンを慰め、

励まし続けるビーは「いい人」なだけではありません。

 

そう、ビーにはマキシーンという大きな「力」を手に入れる狙いもあったんです。

 

マキシーンも、その利害関係に了承した上で、ビーの味方につきます。

 

ビーはもともと倫理的な考えの人だから、マキシーンに対する友情や思いやりも十分にあるから、信用できたんですね。

 

ビーとマキシンの友情と思いやりあっている姿は、心癒されます。

 

マキシーンの役者さんプライベートショット!

 

View this post on Instagram

 

#WCW #socratisotto #maxineconway #australianactor #Australiandrama #wentworthprison

Marineさん(@marine_hananamichi)がシェアした投稿 –


ちなみにマキシー役のソクラテス・オットーは、こんなにもイケメン!

 

優しそうで好感もてますよね!

 

ファーガス所長

 

View this post on Instagram

 

Even after season 6 finale, I am in denial The Freak is dead. There is just something about it …#wentworthanythingcanhappen #wentworthseason6 #pamelarabe #thefreak

SAさん(@plantface85)がシェアした投稿 –

  • 役名:ジョアン・ファーガソン
  • 俳優名:Pamela Rabe(パメラ・レイブ)
  • 生年月日:1959年4月30日

ウェントワース女子刑務所のシーズン2に、

女帝のごとく君臨して来たのは、

新所長のファーガスです!

 

ちなみにシーズン1の女帝はジャックスね。

女の園で、支配者は常におばちゃん。

 

絶対的権力で君臨するファーガスは、実は裏工作が得意なぬけめのない性格。

 

倫理観よりも

刑務所内での支配欲を満たすことのほうを優先。

 

そういうとこは、ジャックスに似ていると感じたな。

看守たちも、自分色に染めまくります。

>>ジャックスに関しては「ウェントワース女性刑務所・シーズン1のキャスト紹介」の記事を!

 

おだてたりあおったり、邪魔だったら追い出したり。

ヴェラは即効ファーガスの犬に。

髪型まで寄せちゃう崇拝振り。

 

ファーガス新所長は、

ウェントワース女子刑務所を支配するためならば、

倫理観もぶっ飛びます。

 

「誰を囚人のボスにするか」

そう、ファーガスは囚人たちの力関係を徹底的にマークし、ビーにフランキーを倒してボスになるよう手回し。

理由は、「フランキーがヤクで支配」するのに対して、ビーは「ヤクを持ち込まない」から。

 

ウェントワース女子刑務所・シーズン2を支配しているのは、

ファーガス所長と言っても過言ではない。

 

だからこそ…

だからこその、

クイーン・ビー誕生に震えが来るほどぞくぞくするんですよ!

 

そう、われらがビーは、

そんな絶対的権力者のファーガスでさえも、

押さえ込んで上に立つんです。

 

その手腕の見事なこと。

シーズン3以降でも、ファーガスの支配と権力への固執は、囚人たちにどこまでもまとわりつきます。

 

ジェス・ワーナー

 

View this post on Instagram

 

Jess Warner #wentworth #prison #drama #jesswarner #actress #georgiachara #australia #foxtel #soho #showcase @georgia_chara

Wentworth Tv Seriesさん(@wentworthtvseries)がシェアした投稿 –

  • 役名:ジェス・ワーナー
  • 俳優名:ジョージア・チャラ
  • 生年月日:1987年7月30日(31歳)

ジェスは16歳?こんな少女も「女性刑務所」に?

 

と思っていたら、まさかの実年齢31歳でしたwww

小悪魔過ぎるわwww

 

自らの魅力全開にして、使うべきときにはフルに発揮!

 

看守の大男のマシュー・フレッチャーに、

みえみえの媚を売るのだけど、

その小悪魔ぶりにおばちゃんびっくりですわ。

 

マシュー・フレッチャー看守に関して、

詳しくは「ウェントワース女性刑務所・シーズン1のキャスト紹介」をご覧ください。

 

こりゃ仕方ない。

男の人は簡単に、コロッと行くよねw

 

あどけない表情とかジーっと見つめる瞳とか、やばすぎる魅力。

男性看守、たまらんでしょうね~

 

しかしジェスのかわいいしぐさや声は、

やっぱり演技でした笑。

 

そりゃそうよね。

用済みになったフレッチャー看守に対して「あいつもう終わりだな」って言うときの…

声低すぎwww

 

え?そっちが地声なの?w

あの可愛らしい、天使の声は、「作り」?

 

なんて恐ろしい16歳…

と思ってみていたけど、実年齢31歳ってw

 

けっこういってるし、その年齢ならば、その計算高さにも納得です…。

なんでしょうね、この「使えるときに女をフルに使う女性」を前にしたときの敗北感は。

 

この子・ジェスもビーに味方します。

 

この子、一見弱そうなのに、

男性看守に対して強すぎるインフレカードなので、

味方にしておくとめっちゃ便利そうですよね。

 

シモーヌ

  • 役名:シモーヌ

シモーヌは、シーズン1では女帝ジャックスの片腕として登場。

シーズン1でビーがジャックスを倒したあとは、一時1匹狼に。

そこへ、娘の復讐をもくろむビーが、シモーヌに接近。

といっても、ビーはもともと優しい女性なので、シモーヌの安全を確保しつつ、取引を持ちかけたりするので、2人の間にはやがて信頼関係が。

わたしはシモーヌのこと、最初はただの「刑務所内の抗争に疲れきって、男性化している女性」と思っていました。

しかし違います。

シモーヌもビー同様、愛すべき娘を思う、一人の母でした。

 

ブーマー

 

View this post on Instagram

 

#wentworth #katrinamilosevic #suejenkins

Samanthaさん(@sam_b_stitt)がシェアした投稿 –

  • 役名:ブーマー
  • 俳優名:Katrina Milosevic(カトリーナ・ミローズビック)
  • 生年月日:1975年4月25日(43歳)

シーズン1ではこんなにもブーマーにスポットが当ると思わずに、キャラ紹介でも書きませんでした。

>>ウェントワース女子刑務所・シーズン1のキャストとあらすじ紹介

 

ウェントワース刑務所一の怪力を誇るブーマーは、フランキーの用心棒として常に側に。

 

ウェントワース女子刑務所・シーズン2では、ブーマーにもスポットが当ります。

出番がめっちゃ増えるんです。

ジャックスからフランキーにボスが変わって、フランキーの一番側近のブーマーだから、見所が多くて当然かもしれませんね。

しかしブーマーはちょっと扱いがかわいそう。

  • フランキーに気まぐれに冷たくされる。
  • 刑務所に入っている間にブーマーの妹と彼氏が付き合う。
  • 腰を痛めて自慢の怪力が出なくなる。
  • その間に、マキシーンにフランキーの「怪力側近」の場を奪われる。
  • ヤクのために、フランキーの命令で男性囚人の◎◎を口に。
  • 密告者によって部屋に隠していたドラッグが、看守に見つかる。
  • ⇒そのため刑期が7年も延びる。

 

悲惨でしょう?

でもブーマーはちょっと頭の悪い、

深く考え込まない女性に描かれているので、

それほど悲壮感はありません。

 

どれか一つをとっても、プライドを傷つけられて悩む女性ならば、

感情移入してやるせなくなるけど、ブーマーはそうじゃありません。

 

どんなときも、フランキーに懐いて、優しくされると喜ぶ。

 

ブーマーはかわいい子供のような笑顔を見せるので、

悲惨な境遇の割には「癒しどころ」でもあるんですよ。

 

役者さんも笑顔がかわいい!

 

さいごに


ウォンとワース女子刑務所は、シーズン1~5までをHuluで独占配信中!

シーズン1~3までをFODでも見ることができます。

>>無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

※最新の動画配信内容は日々入れ替わっているため、登録前に必ずご確認くださいね。上記は2018年9月時点での内容に過ぎません。

 

そして、ウェントワース女子刑務所の待望のシーズン6は、きっとHuluで独占配信だろうと私は読んでいます!

 

月額1,000円程度で、課金なし見放題のHuluは、独占配信の多い動画サイトとして、海外ドラマ好きに根強く人気です。

 

気になる方はぜひ、Huluの2週間おためしをご利用ください!⇒こちらから

以下の記事もごらんくださいね。